|  NEWS  |  PROFILE  |  DIARY  |  NEW YORK  |  THEATER  |  OTHER KINDS OF...  |  LINK  |  CONTACT  |

いやー、ちょっとサボりすぎました。はい。御無沙汰してしまいましたー。お元気ですか?

今年の東京の冬は雪が凄まじいですね。関東の方々、被害、少なかったことを祈ります。

さてさてさて、大きな雪、2発来ましたが、1発目は、10日集中ワークショップ初日、2発目は1日中休みあとの後半戦初日でございました。

皆さん、えらい。普段は片道1時間かからないところを2時間半乗り継いだり、2時間近く歩いたり、『演技熱』イエーイです(笑)。

いつも思うのですが、本当に、私のワークショップにいらっしゃる方々は、皆さん、とても努力家です。もちろん、決して安くはないワークショップ料を払って、「演じる技術のレベルアップがしたい」とやっていらっしゃるわけですから、「努力するぜ!」という方々なのは当然と言えば当然かもしれませんが、本当に皆さん、真面目に演技と向かい合っていらっしゃいます。素晴らしい。いつも心打たれます。ほんとに。

あ、えーっと、そうそう、説明しよう!

私は監督、演出、脚本のお仕事以外に、演技のコーチの仕事もしておりまする。ミュージカルアカデミー(旧東宝ミュージカルアカデミー)でワークショップをやったり、役者さんが所属していらっしゃる事務所さんからの依頼でワークショップしたり、映画の演技スタッフとし出演者の方のワークショップをやったり、いろいろなパターンがあるのですけれども、年に何度か、グループ・ワークショップというのをやっております。不定期。「やりますけど、いかがー?」って声かけたり、なんだり。

グループ・ワークショップは、上限12名で、事務所などは関係なく、フリーの方もいらっしゃるし、今まで私の作品に御出演くださった方から、初めまして、まで色々な方がやってきます。ベーシック01、ベーシック02、ベーシック03と段階あったりしてね、ええ、ワークっていうのも、あります。

そして、毎回、濃いです(笑)。

ってかさー、濃い上にさー、やること多いからさー、なんか、みなさん、「乗り越えなきゃ!」感が、たっぷりってことかー?!(笑)

そうなのよ、課題。課題が多いんですわ、私のワークショップ。毎回毎回。毎日毎日。いや、ナカナカ、タイヘンなのよー。

って、私が出しているんですけれどもね(笑)。

え、どんな課題かって?
Img_c1fe9e60c8e8329a1deda0f35ad10653
まじめに、家の前で、「ここ、どこだよっ!」と、ひとりで叫んで大爆笑してみました。あー、面白かった。
Img_e324d770cf8b03cb2344194d33a37245
近所なんですけど、パーフェクトに  「ゆく年、くる年」の東北っすー。
Img_6ead0d809e242f22ca10245da971b323
乗れないね。            乗らないね。
そりゃー、いろいろだけどさぁ、え、例えば?例えばねぇー。
===============================
Assignment 02
街や仕事場、レストランなどで、2人以上の人間関係を観て、どういう関係か考えてみてください。また、何故そう思ったのか、明確な理由を考えてきてください。
可能であれば何種類か。ただし、ひとつひとつが雑にならないこと。
===============================
とか?

ま、課題の目的は、いろいろありますが、この課題の場合、「観察力」、「関係に関する観察力」、と、あとは長くなるので割愛。

いや、「観察力」と言ったって、役者さんに必要なものは、お仕事に使う「技術」のレベルまでいかなくてはいけないものですから、簡単ではありませんのよ。

たとえぶぁ、非言語コミュニケーションの講義で話しますけれども、
例)「電車の中で、若い、たぶん、高校生と大学生のカップルが、ケンカしたらしく、仲直りのタイミングをはかってる感が可愛かった」
この場合、「なぜ、若い、と思ったのか?」からスタート。「若い」「高校生」「大学生」「ケンカしたらしく」「仲直りのタイミングをはかってる」、なぜ、そう思ったのか、明確に細かく論理だてて解説が必要。

たとえば「若い」は、服装、髪型、体型、皮膚感、話し方、など、多くの情報から判断していてます。服装がショーパンとタイツ、UGGのブーツの偽物らしきブーツ、大きめのセーター、色の組み合わせが明るめ、アクセサリーが高級なものではない、時計がキャラクター、リュックにスタッズ、髪が茶色め、髪の量が多い、つけまつげ、濃いめメイク、肌がツルツルしている、皺がほとんどない、全体的に細い、爪にストーンがついている、スマホをずっと見ている、などなどなどの、すべての情報を瞬時に総合して「若い」と思うわけです。

ま、こういうのより、もっと時間のかかる課題なんかをね、毎日毎日、少なくとも3つは出すもので、皆さん、とても嬉しそうです。「課題を!もっと課題を!」ってな感じです(嘘)。

で、いつも思うんですけれどもね、キャリア的に前へ、というのはあるんですけれども、やっぱり勉強するのは楽しいんです。新しいことを知るのは楽しい。自分が、昨日より、一歩でも前に進んでいることを実感出来るから嬉しい。そして、なにより、新しい自分を発見して、そして周りの人にそれが受け入れられる、というのは、とても楽しいことなんですな。

いやだって、私も楽しいもの(笑)。「みなさんが…」というだけじゃなくて、私自身も発見ありありの日々だもの、そりゃ楽しいさ。みんな「桜子さん!(キラキラーン)」って、言ってくれるのよー。そりゃ嬉しいさ(笑)。なんてね(笑)。いや、ほんとだけどさ(笑)。
Img_2ffe731edca67d5ca7401e81f19b4d46
コレは、数年前の姪1号。あー、かわいいー。私は東京生まれですが小さい頃からスキーをやっており、父、母、姉、弟との家族スキーから、合宿スキー、日本スキー、海外スキー、♥スキー、姪たちとのスキー、有り難いことに幸せな雪の記憶が沢山ありまする。
Img_aa86e80a4ddd02b5b360ec44293ccc51
そして姪1号も、いまや姪2号の世話をするまでに!いやぁ、子供達はすごい。
あ、そうよそうよ、もう最近では定番の脳科学のオハナシなので、御存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、笑顔でいると「問題解決能力が上がる」、「記憶力があがる」、「集中力が高まる」などの効力は、論文なんかでデータつきで報告があります。そう、勉強するなら、楽しい方がいいんです。楽しく学ぶのがベスト!

ありません?苦手かと思っていた科目が、好きな先生の登場で好きになった!みたいなやつ。授業が上手い先生というのは、楽しくやってくれる人、なにより、先生がその科目を愛していることが大事ですよねー。

ちなみに、人間は「楽しいと笑う」だけではありません。

笑顔を作ると、その表情の動きを脳が察知し、幸せな時に分泌されるドーパミン系の物質を脳内に出す。つまり、笑顔を作ると幸せな気持ちになる。笑顔を作って自分の脳を騙す。そうです、そうです、笑う門には福来るってやつですよ。ええ、ええ、昔のニホンンジーン!エラーイ!ワカッテルー!

笑って前進っす。

辛い時も、笑う。

笑ってたら、福、来るっす。

と、いうわけで、今日も張り切って楽しんできやす。

ふふふ。

えへへ。
Img_a007cd03492072786d0f60db069b9eb3
NYのアパートメントの前。いやー、私は大雪になると必ず飲み歩きます。風景が変わるのが楽しくて楽しくて。なるべく外にいたい。真夜中、タイムズスクエアでヘッドスライディングとか、やってたなー。あー、なつかしー。