|  NEWS  |  PROFILE  |  DIARY  |  NEW YORK  |  THEATER  |  OTHER KINDS OF...  |  LINK  |  CONTACT  |


そうですか。そうですか。今年も半分終わったですか。。。。。。。

なにしてたっけ。。。。。。

いろいろしてたな(笑)。。。。。。。


今年の前半戦、新たな出会いが沢山ありました。あまりにも濃い時間を一緒に共有していると、もう何年もガチで色々やっていた気になるんですけど、数ヶ月だったりするのが面白いです。昔から知っている方々と、新たなフェーズに突っ込んでいった感もございまする。新たなフェーズも楽しいねぇ。はい。

演技は、本当に楽しい。マジ、楽しい。想像力、創造力、ああ、なんて素敵なんだ。これさえあれば、色々なところに旅立てる。そして、いろんな方々と出会える。非言語コミュニケーションも、学問として探求したいことだらけなのは当然ですが、人間を繋げてくれます。気づきばかり。楽しいす。

非言語コミュニケーション、立教の講義では、既に11週しゃべり倒し(って黙ってるわけにはイカンけどさ)、最終週の14週目まであと3回となりましたけれども、しゃべり足りないわー(笑)。

そして、明日は、『嘘』についてもお話する予定なんですわ。

非言語コミュニケーションって、まだまだ認知度低いですから、「『嘘?コミュニケーションで?』ってな感じかと思いますけれども、人間って、言葉で語ることだけではなく、言葉以外のものが語ってることが多いです。顔がガチ怒っているのに「べつに…もう怒ってないし…」(→いやいやいやいやいや、怒ってるでしょ、その顔カンペキに)、とか、笑いながら「もぉー、ダイキライ!」(→いやいやいやいやいや、ダイスキでしょ、その笑顔)とか。

「声を荒げる」だったり「蚊の鳴くような声」だったり「涼しげな話し方」「力強く説得力のある話し方」だったりするところの言葉(内容)ではない部分、「荒げる」「蚊の鳴くような」「涼しげ」「力強く」「説得力のある」すべて非言語域。

外見的特徴、魅力、動作、態度、姿勢、歩き方、表情、視線行動、接触、空間、いろいろな言葉以外のものが雄弁に語っているんですねー。言葉を裏切って、語る物の多さや、強さ、人間ったら面白いなぁ、と思います。つくづく。そして、それは「感情」というものに繋がっていくわけなんですけれども、いやいやいやいや、オモシロインデスヨー。

とにかくソンナカンジで、いろーいろいろ切り口があるんですけれども、総合的に見て『嘘』を考えたりもするわけです。

あ、って言ってもねー、都市伝説みたいなやつではナイんですのよ。「髪に触ると嘘をついている」とか「嘘をついていると鼻の頭をかく」とか、「何かの行動」=「嘘」という図式はない。ついでに言うと「赤い服の女は欲求不満」とかもない(笑)。1つの非言語行動で判断出来ることは、ほぼないし、なかなか見抜くのは難しい。

ただ、『何かおかしい』と感じる力は、誰でも持っている。
『嘘』、かどうかわからないけど、「ん?」と感じる力。

そこらへんを、細かく分析して「何を観て、オカシイと思ったか」をガクモンするわけなんですけどね、「他人の様子がおかしいことに気づけるかどうか」、これは、大切な人を大切にしていく上で、とても重要なことだと思います。

「気づいて欲しい」というサインを見逃さない。問題も、信頼も、小さなことが積み重なって大きくなる。最初から問題が大きいということもあるけれど、多くの場合は、少しずつ少しずつ積み上げられていって、気づけば取り返しがつかなくなる。声を出せなかったり、声に出来なかったりする人々も、何かを訴えていることが多い。最初のうちに、事態がサイアクじゃないうちに、気づいてあげられる、そういう社会になっていったら、いいなぁ。弱い人が泣き寝入りしなくてはならないのは、哀しい。「言えばいいじゃん」なんてーのは「言える人の理論」なんですよね。。。自戒を含めて書いておりますけれどもね。そんなことに非言語コミュニケーション学が役だっていったら嬉しいな、と思って授業しております。



でも、「けなげな嘘」なんかはね、気づかないフリもね、ダイジデスネ。

姪がさ、ニコニコ笑って「なーんでもなーいーーー」って言ってるときは、あとからお手紙くれたりするんですのよ、「サーカス連れてってくれるの、ありがとう」、いやーんもー、ほんと、なんかキラキラとか付いてるし、ああ、かわいすぎる。姪、LOVE。

ま、一部の政治家の方々には「子供でもわかるような嘘」を平気でつく。「そんな社会で育った子供は、どうなるのか考えたことがあるのだろうか」と思います。子供は大人を見て育つのですよ。



さてさて。準備しよーっと。
Img_fa3dca457e94c47c98c8bcfb5e34f643
以前から気になっていたモスク。「見学はご自由にどうぞ」とあったので、入ってみました。もともとクリスチャンだったので、教会はさんざん行ってたんですけれどもね、モスクは初。そして発見。靴を脱いで入るのですね、モスク。お祈りする時に、床に座りますから、絨毯なので土足禁止。日本の建物ではないのに靴を脱いで上がる、というのが新鮮でした。なるほどね。もちろん、カアバの方向にお祈り出来る様に、わかりやすく祭壇的な物があります。
Img_3e759d9e9df51d24ffad700efa38b45e
ついに、観ることが出来ました。実物大ガンダム。マジ、ホワイトベース作って欲しいんですけど、近くに。。。マジ。マジ。マジで。
Img_b2a2424ed1ed117484189e6ccc525e66
夏になるとニューヨークの酒屋さん、ワイン屋さん、ロゼワインの棚が出来て、たくさんの涼しげなロゼが並びます。日本ではロゼの認知度が低いようですねー。美味しいロゼくん、なかなか出会えませんが、いやー、よくうかがうお店で素敵なロゼを揃えていらっしゃること知り、ひさひさにじっくり会えた友人と、やっちまいましたよ。飲み過ぎだよ。。。たのしかったけどねん!