|  NEWS  |  PROFILE  |  DIARY  |  NEW YORK  |  THEATER  |  OTHER KINDS OF...  |  LINK  |  CONTACT  |
Img20100402095425
きゃあああああ!Nightmare Before Christmas のウェディング・ケーキ!!!!!!!!
昨日友達が「結婚しました。報告遅れてごめんなさい」とメールしてきました。

写メで撮った花嫁姿。

「まじかよ?!1月はNOカレシだったのに、おっとデキ婚?!」と思いきや、、、、、

エイプリルフールですって、、、、、、

やられた。ちくしょう。やられたぜ。そうだ、あいつは女優だったんだ。なにかの撮影で衣裳で着たときに写真を撮っていたんだな、ちくしょー。確かに写真をよく見れば、控え室じゃなくて、楽屋だよな、、、、、、普段、だますサイドなのに、あっさり騙されたのが悔しい。。。。。。おかえしを持っていなかったのが悔しい。エイプリルフールってる余裕がなかった自分が悔しいぃぃぃぃぃぃぃ。

んで、今日こそ、稽古場写真撮ってこよーっと。
Img1b20100402234852
台本をいただくと、場面ごと、音楽ごとに、タグをつけて、すぐに欲しいページを開ける様にします。今回の台本は、チラシ用に枢先生がお描きになったイラストが表紙!豪華!!!
Img1c20100402234852
稽古場。遠くに見えてるカラフルなものは小道具ではなく、発声練習用のバランスボールなのさ。
こちらのブログを御覧ください。
 (Click!) 

『黒執事』原作者の枢先生のブログであります。

私、まーーーーーーじで、ほーーーーーーーーんきで、どうしていいのやら、わからないくらい、有り難くって涙出ましたー。

だって、枢先生が、私のイラストを、セバス&シエル(『黒執事』の主役二人)と、枢先生と編集の熊さんと、同じ枠内に描いてくださったんですよっっっっっっっっっ!

大感動を越えて、よーわからん。

まーじーですかーーーーーーーーーーー(涙)。

だってですよ、どこのどいつが素晴らしい漫画家先生に、その先生のキャラクターと共にイラストを描いていただけるのでしょうか?????????どこの誰が、そんな名誉ある栄光を勝ち取れるのですか?!

え?

私?

それは私?

そうね!それは、私でしたっっっっっっっ!

ま、結局自慢ですわ。わははははははは。

というわけで、恩返し(?)は、『生執事大成功』どころではなく、『伝説の生執事』でございます。

やるぜぃ!

(って、また写真撮り損ねて、稽古終わってからパシャリ写真だった。明日こそ・・・・・・】
Img20100405084905
見えます?私がいるんですのよ、セバスチャンとシエルの後ろにっっっっっ!
Img1b20100405084905
編集者の熊さんもいつもブログで生執事に期待していることを書いてくださっております!
Img1c20100405084905
制作の方が飲み物カップを全員分キッチリと名前をつけておいてくださっています。無駄なく美しく。
連日、朝から晩まで稽古場にいるので、時間の感覚がおかしくなってきました。

脳が音を立てている。

しかし毎日よく降りますね。

4月に、桜の時期に日本にいるのは、そうですね、10年ぶり以上ですが、こんなに寒かったっけ???????

寒いなぁ。春。は、はるぅぅぅぅぅぅぅぅっっっっっっっ!

そうそう、お稽古場に、先日の枢先生のブログと編集の熊さんのブログが張り出されております。段々稽古場が『黒執事』の稽古場になってきました。

今日こそ、普通に写真撮るの覚えておこうっと。

いってきまーす。

どわーーーーーーー。

毎日やっておりますミュージカル『黒執事』お稽古。

稽古場で、必ず今日の一枚を撮ろうと思って、わざわざ自分の席の机の上にデジカメ置いているのに、撮るのを忘れます。何か撮ろうと気付くのは帰りに机を片付けている時で、既に人影はまばら。稽古場にある物体しか撮り様がなくなってしまいます。

むーーーーーー。忘れ過ぎ。

というかですね、「お、そうだぜ!写真を撮ろうぜ!」という時間がない。そう。ええ。演出家に休み時間はないのです。(余裕がないかどうかは、演出家とその作品の状況によるんだがな、わははははははは)

朝から入れ替わり立ち代わりで、役者さんが出たり入ったりして場面のお稽古をしていきますが、当然、どの場面も、演出家、演出助手、演出部(舞台監督部ともいう)、音楽助手は必要なわけで、この人達はずーっと朝から晩まで稽古場内にいます(制作&製作助手、アンダースタディーの3人組もいつも来ているけれど稽古場内には居ない時もある)。そして遊んでいる時間はありません(ってか、仕事場だろ?ってことなんだけどさ)。

休憩になると、次に稽古する場面の相談やセッティングがあります。現段階だと、まだ一度もお稽古していない場面もやりますから、毎回演出部さんに、「このシーンはこんな感じにしたいので、こんな小道具が必要で、机と椅子が・・・」なんつってやるわけです。そして、他にも「桜子さん、ちょっといいですか?」ってな感じで皆さんに話しかけられ、”ちょっとも積もれば山となる”な感じで、あれよあれよと休憩は終わり、朝から晩まで、ずーっと、わーわー言ってる人になってるわけです。

しかーーーーーーーしっっ。

私はいつも思うんですわ。というか、今、思い出した(笑)。

人間、休憩の時は休憩しなくてはいけません。

アメリカの芸能界はユニオンルールがあり(ユニオン=組合ね)、無茶なスケジュールはアウト。というか、無茶なスケジュールの場合は、皆さんもらえる賃金が上がります。

おおおおおお。理にかなってるぜぇーい。

そして、御飯の時間のルールはうるさいです。

おおおおおお。正しいぜー。

ユニオン・メンバーには細かいルールがあり、例えば、昼食休憩は必ず1時間なければいけない、とか、3時間ごとに15分のブレイクが入らなければいけないとか、8時間を越えたら最初の2時間は時給計算した場合の1時間に対する賃金の1.5倍を支払い、更に2時間延長は倍、更に時間を越えた場合は3日分のギャラを支払う、とか、いろいろいろいろ、いーろいろ、なんなら、いっろいろあるわけです。土日出勤も値段上がります。

これは破ると罰金なので、制作側はルールを守ります。

だって罰金の方が高いからねっ!

でも、大事なことです。罰金高くないと、ズールズルいくでしょうからね。

だって労働条件って人権ですもの。

日本の多くの稽古場でスタッフの皆さんは、仕事をしながら、おにぎり、とか、サンドイッチを食べて終わり。

これって身体に悪い。

精神的にも悪い。

そして実は能率も悪い。

いや、友人の会社とか遊びに行っても、みんなコンピューターの画面の前でお弁当食べたりするけどさ、あれも、よくないよー。

ぶっつづけで働くより、適度に休憩入れた方が能率効率すべていい。

舞台業界だけではなく、日本の芸能界、ユニオン(組合)が必要かどうかはともかく、労働条件はルール作らないと、皺寄せがいってる人々はいつも同じ。どうにかしたいものですな。もちろん、そんなことない現場もありますけれどもね!

世の中のプロデューサー様。お稽古期間をしっかり取っていただいて、御飯を食べる時間を取れるようにしないと、現場は不健康になりますので気をつけましょう。そのうち暴動が起きます。全国から手にトンカチやらノコギリやら台本を手にした黒い裏方達が続々と集結して、、、、、、ってあんまり怖くない?

あ、今回、暴動起こすって話ではないですからねー!一般論ですからねー!御心配なくー!しないかもしれないけどー!

というわけで「今日の一枚」が毎日出来てないけれど、努力しますー。

で、「昨日の一枚」、ね。

Img20100406081708
グレルのデスサーーーーーーーイズ!どうよ、乙女なチェーンソーのある仕事場。
『黒執事』です。

どんどん振りが付き、歌が役とハマってきて、ミュージカルらしくなってくる季節です。ウキウキ。曲、歌詞、才能&経験値という物凄い力を見せつけていただきましたが、振付けも、いいっっっ!歌唱指導の先生にも更に活躍していただいて、ミューーーーージカルしちゃうよーーーーー!
Img20100408092449
美術のセットの模型はお見せ出来ませんが(お楽しみに)、模型の中にいるセバスチャン&シエルはお見せしましょう。ちっっちゃっ。ちっちゃい二人の向こう側で踊っているのは死神達ですのよ!
もう少ししたら、ダイアリーする時間が出来るかと思われる、、、、、。そして、もう幾つ寝ると、ミュージカル『黒執事』の初日がやってくるんでしたっけか?あああああああああ。どああああああああああ。さて、いってきまーす。
Img20100413075609
タバコ吸い過ぎだー、最近ー。。。。。。
Img20100415104124
はい、この方は誰でしょう?みごとな転びっぷりです。つーか、こんな足場の悪い所を、そんなピンヒールで歩いたら、転ぶよね。
Img1b20100415104124
おっと誰かわかりました?外人ですね。そして、この口は、なんと言ってるんでしょうねぇ。「ファ○ク!」じゃあ、こうならない。「サ○バ、ビッチ!」の最後の「チ」のあたり?でも「ちーっっす」ってのが一番ハマるんだよね。まあ、この体制で「ちーっっす」っていう状況を考える方が難しいけどさ。
Img1c20100415104124
正解は、最近とても評判が悪いリンジー・ローハン姐さんでしたー。おつかれなのかしらぁー?!
『ミュージカル黒執事〜The Most Beautiful Death in The World〜千の魂と堕ちた死神』絶賛稽古中でございます。

えー、いろいろやることが多くて、寝る時間が、なかなか、、、、、あたしだけじゃないですけどね、ええ、でも、うーーーーーん、うーーーーん、脳が、脳が、脳が、うごかないっっっっっ。

そんなわけで、稽古場で写真を撮る余裕が、ございませんでした。すみませぬ。

今週末くらいからは、脳に余裕が生まれそうですけれども。。。

皆さんは、疲れがたまるとどうなります?

私は、睡眠時間が大幅に削られて来る時間が長期化すると、距離感がわからなくなりまする。

人間なかなか丈夫、っつーか、私が丈夫なんだけどさ、けっこう寝ないでも脳が保つ方なのですね。

しかーし。

必要なものは必要で、それが”ない”となると、やはり影響は出るわけですわ。そうねぇ、例えて言うのなら、ヘッドライトぶっ壊れてても車は走るけれども、夜運転するとぶつかる可能性が上がる、という感じ?

私は距離感がわからなくなって、ぶつかるのです、いろいろなところに。

以前、これはニューヨークでしたが、客席から演出していて、舞台の上にあがって何か言いたい事があって、舞台に辿り着くまでに、4回ほど通路両側の客席にぶつかったりして、アメリカ人達に「大丈夫???」とかなんとか聞かれて「オッケーじゃあぁねーよなぁー。いてぇー」だなんだかんだ言ってるのにリアクションうすいねぇ、なんて思っていたら、アメリカ人にしばらく日本語で話していることに気がつかなかったからリアクションうすかったんじゃん、とかいうのもありますけど、ええっと何が言いたかったかと言うと、ぶつかるんですよ。ええ。

ひっかかったり、あたりにいったり、まっすぐ歩いているつもりでも、ぶつかるのですよ。

なんでしょうね、距離脳神経シナプス君の車にいくガソリンというかエネルギー源が、演出脳神経シナプス君達にまわされて、距離脳神経君たちは「おい、今日はヘッドライトなしで走れってよ。いいよな、演出脳チームはよっ、いつも俺たちばっかり損してるよなぁー。ぶつかったら修理代、誰が出してくれんだよ」みたいなことなのかな?

とか言ってる場合じゃないんだよね。仕事仕事。

それいけシナブス君!
『ミュージカル黒執事〜The Most Beautiful Death in The World〜千の魂と堕ちた死神』な日々です。

というか、時間がないっす。

いや、写真撮ってる時間とかではなくて、えー、稽古時間がない!ああ、あと2週間か。いやはや、はやいなぁーーーーーーー。

しかし、出演者達、疲れているだろうに、笑顔でいてくれて、助かります。本当に。本当に助けられているなぁ。

今回は本当に、キャストの皆様、素晴らしく皆さん、ちゃんと同じ方向みて走ってます。みんな本当によくやっている。なかなか参加出来ずにいた後から組も、ワークショップで一緒にやってたので、すんなり馴染んでいるというか、なんか、つきあいナゲーなぁ、って感じ。ありがたきことですわ。

そして、毎日、淡々と、坦々と、眈々と、お仕事してくださっているスタッフの皆様。

せんきゅーっ!

あー、なんて酷い文章だろうねぇ。ま、いっかぁ。ねむるまするー。
Img20100420014851
今日の一枚は、えーコーラの空き箱で出来たマスカレード・・・・・・ってこれ、稽古用だからね。これを塗って本番とかでもないからね。へへ。どんなことになるのかは、本番をお楽しみに。
Img20100425002042
いろいろセットものを建て込んで狭く感じていた稽古場も、すべて搬出されると、ガラーンと広くて、ちょいと寂しくなりました。ありがとう、稽古場!
Img1b20100425002042
朝一番で稽古場に着いたつもりが、先に来ている役者さん達がいた上に、無記名で私の椅子の上にタバコの山(涙)。うれしいぃ。
Img1c20100425002739
シエル坊ちゃんニシエル西井さんが「お母さんが作ってくれたんです」とキャストやスタッフの皆様に配ってくれたストラップです。差し入れも一生懸命持って来てくれて、気を使うお方です、坊ちゃん。
ふははははははははははは。

ええ、笑うしかないのです。笑っていきましょう。という感じで、『ミュージカル黒執事〜The Most Beautiful Death in The World〜千の魂と堕ちた死神』、ついに本番まで残すところあと8日だってさーーーーーーーっっ!か、佳境 っ っ っ っ っ !

しかし今回の稽古期間中は、寒いは、雨が多いは、うーん、なんだか、「春」って感じが一切しなかったですね。

桜の時期に日本にいたのは10年ぶりだかなんだかだったんだけれども(もっと久しぶりかもしれない)、花見どころじゃなかったっていう事実はともかく、楽しみにしていた「日本の春」が、あまり体感出来ず、残念すぎる感じでございまする。

で、私、雨女、とよく言われます。

でも、思うんですけれどもね、同じ地域の方々は当然みな同じ天気なわけで、あたしにばっかり雨が降っているわけじゃあないわけなんですから、「雨女」「雨女」と言われるのも、なんだかなと思うのです。が、だがしかし、確かに、たーしかに「印象的な雨」は多い。

今回は、原作さま、原作編集さま、脚本家さま、音楽家さま、主演さま、どの方にお会いするときも、すべて雨でした。

それから旅行ね、この旅行系も本当に良く降る。計画して行く旅行なんて、あなた、雨の中、景色が見えずにひたすらドライブとか、旅行先が雨のレベルを越えて「災害」の域に突入したことなど星の数。

そういや、父も雨男で、私が幼少の頃、父がパリに出張した翌日の朝日新聞のトップ見出しが「パリ大洪水」だった時は「親父、大物だぜ」と思ったものでした。ええ。ええ。父よ、娘もやっているよ。

そうそう、英語で雨女ってあるのかな、と思ってアメリカで色々な人に聞いてみたけれど、いまのところアメリカでは「雨女、雨男」というコンセプトは聞いた事がないですね。誰か知っていたら教えて下さい。

でもって今日は稽古場移動がありました。そういう節目な感じの日なのに、晴れました!

って、実際は、スタッフさんが大変な移動作業をしてくださって、準備万端なところに私達が入っていっただけで、スタッフさんの大変な作業の日は2日とも雨でした。さすがだ。あたしったら。

でも、きょうは、天気良かったなぁ。

出演者の皆様、新しい稽古場でかなりテンション上がっていて、私も更にテンションあがりました。

誰も怪我なく突き進む事が出来ます様に!



そうそう。

私は舞台をやる時にワークショップをやるのですが、この『ミュージカル黒執事〜The Most Beautiful Death in The World〜千の魂と堕ちた死神』でも3月は、「はじめまして」でワークショップをやっておりました。

何もなくなった稽古場の広々とした感じが、その頃を思い出させてくれました。

しみじみ。

というわけで、一昨日の最後の稽古場では初心に還る気持ちで、初期の頃によくやっていたアクティビティー、名前を使うアクティビティーを全員でゴー!

皆であだ名をつけあってみたりして。

大体その時に並んでいた順で言うと(対になっていた方は順番変えてみたりしますが)、カーリー、アシメ、シンメ、エロッサ、シィ、リナちゃんマン、エリカ、ツルテン、スカ男、マイコー、一号、二号、三号、ウォーリー、チェク男、ニダ、チュンチュン、もうやん、おさ、オッチー、ジロウ、リーダー、ゲシ、マン、イガコ、カイロ、一発、金髪。

さて、誰が誰でしょうね。わかりやすい人もいるけれど。というか、金髪って、わりと率が高いし。

さすがに始めてあった頃とは全然違う雰囲気で、皆さん、盛り上がっていこうぜぃ、というメラメラを感じました。

メラメラメラメラメラ。

メラ・・・・・、ドラクエやりてぇい・・・・・・・・。

Img20100425093159
ぜんっっぜん関係ないけど、ガガ様!ああ、コンサート行けなかった。シークレットライブも行けなかった。ガガ様、いつか会いに行くぜぃ!てか、いつか舞台観に来て欲しいわ。仕事したいもんだわ。