|  NEWS  |  PROFILE  |  DIARY  |  NEW YORK  |  THEATER  |  OTHER KINDS OF...  |  LINK  |  CONTACT  |
Img_3d6b7d599fd583ca62367facfbd7717432a49f6f
国指定天然記念物、熱海の来宮神社のご神木「大楠」。樹齢2千年ですってよ!2000年!環境省の調査で、全国2位の巨樹の認定を受けているらしい。でも屋久島縄文杉は樹齢7200年、紀元杉は3000年とか言われてるけど、どうなんでしょ。幹周り約24米、ぐるりと一周歩くごとに寿命が一年延びると言われておりまする。御縁があって、ここに初詣に行く事が多いのですが、今年は人が多くて驚き!なんでも”パワースポット”として色々なところで紹介されたからだそうです。ふうーん。パワポかぁ(違うだろ、略し方が・・・)。
あけました!

あけまして!

おーめーでーとーうーごーざーいーまーすーーーっっっ!

あけちゃったね。あけるもんだね。てか、毎年、あけるのが、早くなってきていると感じるのは、なじぇなんでしょーねーーー。おそろしいわぁーーーーーー。

とまあ、月日が流れるのは早いでございますけれども、ええ、ええ、いろいろな方々に支えられ、昨年も、いろんなことやらせていただきました。それでもって、今年はもっともっと飛躍出来るよう、皆様に頼って頼られて、さらにいろんなこと、やっちゃいたいと思っております。

なにとぞよろしくお願いいたします!

と、いうわけで、目標。

目標ですよー、やっぱ新年っつたら、ね、目標です。

いや、実は我が家では、毎年、自分の目標を家族の前で発表しなくちゃいけなかったりするんですわ、ええ、ちなみに姪1は「漢字と国語を頑張る」、姪2は「折り紙とお絵描きを頑張る」だったりするんすけど(お約束で私も「折り紙を・・・」と言おうとしたら、先に弟に言われたので、うまいことボケられなかった・・・って何の反省かわかんないけどー)。

目標ね、目標とか、割としっかり立てたりする方なので、漠然とは決まってたりしますが、家族向け目標は家族向けですね(笑)。自分向け目標は、まだ脳が正月浮かれしているので7日あたりまでに、まとめたいなと思ってます。

まあ、ここには書きませんが、ってか書けませんが(笑)。

でも、毎年、目標って立ててみて、出来てることと出来てないことと、いろいろありますが、1年に1度、自分の事考えて、振り返って、実際にやりたいことを、言葉にしたり書いたりするのは、実は、その行為自体に意味があるんじゃないかなー、って思ってます。

頭に考えているだけでなく、書いたり、話したりすると、意外に「こんなこと考えてたの?あたし?」ってなことも出て来たりするものです。

是非、みなさんも、頭で考えるだけでなく、書くか、話すかしてみてください。

あとね、他人様にメールで伝えておくのもいいですよ。

有言実行。

言うと「やんなきゃっ!」って思いますから(笑)。

だから家族向けには、家の中のことでやらなくちゃいけないと思っていることを主に口にしたりしてるかな。

うん、そうだな、でも今年は、1つくらい、このサイトで公言して、有言実行すること考えようかな。

よおし!考えるぞ!

って、これが目標にならぬよう、努力いたします!(笑)

2011年が、皆さんにとって、素敵な時間になりますように。

今年もよろしくお願いいたします。


桜子
いやー、みなさま、もう働いていらっしゃいますか?

私は日本のお正月、ひさひさだったんですが、なかなか気分ぬけませんねぇ。

アメリカだと、あっさりさっぱり1月2日から仕事しますし、着物姿も見かけませんし、たーいへん情緒がない感じですのよ、ええ。ですから今年はジャパニーズ・オショウガツにぃ、余計に盛り上がってぇ、おもちばっかり食べてますことよぅ。おもちって、太るのよねー、やばいわねー。ふふふー。

まあでも、お正月でもお正月じゃなくても日本でもアメリカでも、9時5時月金で働いていないヤツが、偉そうに”正月気分”とか言ってる場合ぢゃないわよねぇー。なんなら一年中、脳の底から正月気分さ。ふん。

はいっ、と、いうわけで。

みなさまは、どんなお正月だったのでしょーか?

私は日本にいる場合、元旦は父、母、弟、姉夫婦とその子供達(姪二人)と過ごします。そして、夜はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (Wiener Philharmoniker /ヴィーナー・フィルハーモニカ)のニューイヤー・コンサートの生中継を観るのが、いつの頃からか、我が家では恒例になっております。

ウィーンでは大晦日にシュトラウスの『こうもり』やって(『紅白歌合戦』的な?)、元日にはニューイヤーコンサート(『笑点・元旦スペシャル』的な?)ってのがお約束なんですってよ!

世界的に有名なこのニューイヤー・コンサート、オーストリア、ウィーン楽友協会大ホール=黄金のホールから世界80カ国以上に衛星中継されております。日本では当然NHK教育で生放送。今年の指揮者はフランツ・ウェルザー・メスト。2002年には小澤征爾氏も振りましたし、当然ですが、その昔はカラヤン大先生も振っておられます。

このコンサート、いろいろお約束がありまして、ワルツ、ポルカ等全部で10曲位やるんですが、アンコール曲のラスト2曲が『美しく青きドナウ』、『ラデツキー行進曲』で決まっております。『ラデツキー行進曲』の方は、指揮者が観客の方を向いてあおったりして、観客が手拍子するのもお約束。

え?なに?『ラデツキー行進曲』がわからない?

だからさ、『ラデツキー行進曲』ってさー、あれだよ、あれ、たたたんたたたん、たったったーん、た、たらららら、たったんたん!ってやつー(って、このタララとかジャジャジャーンとかって、ほんと字だけだとわからないわよね。でも音がわかった場合、歌ってみてハマると、チョー嬉しいよねー。ねー。)。

それから、この中継、あいだあいだに、バレエの映像が挟み込まれるんですけれども、これもお約束。

そして我が家のお約束は「観客チェック」だったりもします。

なんかね、このコンサートのチケットって、普通にお金出しても買えないプラチナ中のプラチナもので、クラシックファンだけでなく、スノッブな人々も競い合ってチケットを買うらしいんですわ。トライしたことないから、わかんないけど、券面額10万円のチケットの市場価格が一枚数十万円になるそうでございます。

A「奥様、来年のニューイヤーはどちらで?」
B「ああ、私達、毎年、ウィーンに行きますのよ」
A「学友協会かしら?」
B「ええ、もうかれこれ10年くらいかしら、毎年」
A「あーら、そうですの、私達も20年位行ってましたけど、丁度ここ10年は行ってないんですのよー、おーほっほっほっほ」
B「あら、それはそれは、おーっっほっっほっほ」
A「おーーーーーーっっほっほっっほっほっっっっ」
B「おおぉぉぉぉぉっっっほっほっほっっほっっっ!」

みたいな?
Img_d5fdc012730b7fa3e8d90b2480dfc5c73190ea96
姪達と一緒にいると、大人とは違う”流行もの”を実感しますが、その一つ、テレビ番組ピラメキーノとのコラボ肉まん。ただのパンダの肉まんかと思って「ちょっと色が気になるが、いいか」と買ってあげたのですが、買ったあとのリアクションが「?」だったので気付いたんですがね。なんかさ、TVとのコラボ商品って、なんか、買うの、悔しいのよ(笑)。ちっ、買わされちったよ。
Img_ac5f0548397172d708e3aa4944312d80004557e5
ウィーン楽友協会(ヴィーナー・ムジークフェラインWiener Musikverein)。1812年設立。19世紀にはブラームスもメンバーだったり、マーラーがここの学校で学んだり、クラシックの殿堂ですなぁ。ホールが7つあるのかな?ここでは毎年約500ものコンサートが開催されておりますが、ホールだけが学友協会を構成しているものではなく、もともとは音楽学校(今は移転してまーす)があり、そして今でも有名な楽友協会附属資料保管室は世界的な音楽資料が揃っているそうでございまする。他にも、ウィーン男声合唱団、音楽団体の事務所やら、出版社ユニヴァーサル・エディション、ヴァイオリン制作工房オトマール・ラング、あとね、スタインウェイ、ベヒシュタインと並んでピアノ製造御三家、世界三大ピアノのベーゼンドルファーが入ってるんですのよ。で、知ってたぁ?ベーゼンドルファーってYAMAHAの子会社なのねーーーーー、おどろきだわーーーー。いつのまにぃ???
Img_9d6c4d5d7b0088e99d582bca82d384a20b33e54e
大ホール(Großer Saal グローサーザール)1870年完成。通称・黄金のホールは、豪華絢爛な内装が黄金っていうことだけではなく、音響効果がピカ1ピカピカの黄金級だそうですが、なななななーんと、あのサリエリが音響効果の設計に加わってんですって!さぁすぅがぁ音楽の都ウィーンよねぇぇぇぇ。
・・・。

いや、当然客席にもカメラが向くんでございますけどもね、ええ、皆様「ここぞ」とばかりに着飾っておられるんですわ。そしてアップで何回も抜かれる人がいると「一体、いくら寄付しているんだろう、この夫婦」とか「誰だろう」とか「○○さん、行ってるらしいよー」とか「さすがに金あるなー、このオバサマ、確実に整形」とか(だって本当にすごい整形顔だったりするオバサマがアップになったりするのよっ)、まあ、非常にどうでもいい会話を繰り広げるのが、我が家のお約束ですっっ。

ほんと、どうでもいいねー、かなり(笑)。

そうそう、それから、今年から始まって来年から我が家の定番になりそうな新しい流れは『姪2人とバレエを踊りまくる』です。

コンサートの曲が生で流れておりますが、お約束のバレエの部分は録画で、ウィーンの名跡、そう、例えば美術館の中で凄い絵画の前でとか、美しいホールの中でとか、ドレス姿のお姫様的なバレリーナと、王子様的なバレリーナのペアや、女子だけとか色々あるんですが、まあ、いきなり踊り出すわけですよ。

バレリーナ達がお客さんがいないところで淡々と踊っているんだけど、ホールに映像がスイッチすると、お客さんが沢山いるコンサートをやってて、というミスマッチ感が「ああ、ニューイヤー・コンサート」って感じなのよねー、他の人はどう思ってるか知らないけれど。

いや、なんかさ、バレエって、普通、舞台で踊って、客席にお客さんがいるでしょう。だからまず「誰もいないところで踊っている」っていうのに違和感がある上に、生中継のコンサート会場に人が沢山いるからさ、なんか、バレリーナ達が、満面の笑みで誰もいないところでハイテンションで踊っている感じがして、踊り手が軽く頭のオカシイ人たちに見えるというか(笑)、いや、なんていうの、ホテルの宴会場で披露宴やっている時に、誰もいないホテルのスイートルームでプロのバレリーナが”誰か向けに”踊ってるみたいな?なんかさ。奇妙なのよ、私にとってはさ。
Img_0a5b5c1c7a9401b46fd8e370d3c17fcc0eab39f6
こんな感じで踊るんですわ。いきなりね。ひたすらね。
Img_46595fa15f81bd5e17f8835c44384b11ad105136
こんなんとかね。
Img_e33e007e04f6dcb73ea4620f2259b3ffc887d9b5
ゴォジャスな感じよね
あ、でももちろんトップクラスのダンサーの踊りは美しいでございますのよ。ええ。

そして、今年もやっぱり御衣裳はお姫様&王子様風でシャララララーンって感じで美しかったでございますのよ、はい。

んでもって、やっぱり姪達は「お姫様のドレス」に反応するわけで、バレエの綺麗なお衣裳に大騒ぎ。そこで私が「これは簡単に持ち上げているように見えるけれど、王子が持ち上げる瞬間とお姫様がジャンプするタイミングが合わなければ、大変なことになるんだよ。腰を痛めてしまうのさっ!『白鳥(スワン)』を読め!」みたいな話から、「息のあったジャンプ」を練習しはじめ、「ふたりでクルクル」とか、「みんなでクルクル」とか、「トウで立てるか?!」とか、大バレエ大会で、それは、もう、おおさわぎぃーーー♪。

さらに、”音楽的”に盛り上がっちゃったもので、今年は姪8歳と、姪4歳によるコンサートが開催され、いや、もう歌う歌う、やめないやめない、すごいわねー、子供って歌が大好きねー。

てな感じで、3日間まるまる姪達と遊び倒すとですね、姪達と別れた翌日、もー写真観ながら「あー、会いたいぃぃぃぃ」って、腑抜けちゃいますね。ええ。

あー、会いたいー(笑)。

というお正月気分ですが、明日はお仕事だわ!張りきっていくわ!

1月は新年会ばっかりやりそうですけれどもね♪鍋の季節だしね♪

というわけで、ヨハン・シュトラウスでも聴きながら仕事するかね。
Img_472afba7d7bd498db42913e9e40db9ac69d34692
あと、今年はマットレスと布団で作ったトンネルや大陸に宝を隠して地図を作って宝探しとか、家を建てて生活とか、いろいろやりました。楽しかった♥
Img_88d34bb07643c9f2f1defb7a7dfca2a01b6f1a69
私が知らない間に8歳の姪が宝探し用の「うけつけシート」なるものを作っていた・・・(笑)。わかんないけどさ、小2くらいって、「うけつけ」とかやりたいものなのか?うちの姪だけか?わからんけど、パーティーごっことかやってても、見事な”めいぼ”とか作るのよ(笑)。なんだ、あいつはプロデューサー、制作の仕事がやりたいのか???
おはようございまーす。みなさま、そーろそろ「やばいやばい、お正月気分、抜かなくちゃ」な感じ?それとも抜けた感じ?

8日、9日、10日に連休があると「まあ、実際11日から仕事すりゃいいか」ってな気分になっちゃいそうですがね、どうでしょ。

で、7日は、七草粥食べました?

最近はスーパーで「七草粥セット」なるものが数種類出てるんですなぁ。驚きですなぁ。いいことですなあ。

今年は、ええ、そうね、おせち、お雑煮、七草粥、新年会01では五元豚の豚しゃぶ(出汁+白梅酢でいただく)、翌日は美味しい豚バラ焼きなんかをいただいてまいりましたが、今週は新年会02、03があるので、ふふふ、おいしいもの、またまた食べはじめちゃうわよー!

そういえば、昨年末は美味しいもの、沢山いただきました。

そう、あれは忘れもしない、素敵なこじんまりした白木まぶしい綺麗なお寿司屋さん。

小さな小さな可愛らしい丸いお皿に、殻が既に剥いてある銀杏が2粒。

口の中に入れると鼻から銀杏の香ばしい香りが抜けて上質のお塩の味がカリッ。焼き具合が絶妙ゆえ、香りが鼻から抜けるんですわー、焼きすぎていないんですわー。香ばしさと、青臭さが丁度いいんですわー。

小さいお皿の上の、パーフェクトバランスなお味。

1枚の小さいお皿がさがると、また新たな世界を乗せた素敵な小皿が出て来ます。

いっぺんに沢山のお皿が並んじゃう様なことはしません。一皿ずつ。じっくり。

カツオは”づけ”で小さなお皿に二切れ。
お次の牡蠣は北海道の子で、食べやすいように半分に切ってある中ぶりの牡蠣。
イワシは小鉢に入った感じでタタキ風。
平らなお皿の上、1センチ角のあん肝が3つ、その脇に、おうどいろっぽい何かの千切りが、、、。これが奈良漬けの千切りで、あん肝と一緒にいただくと、あん肝の柔らかさと、奈良漬けの細めのサクサク感が、うう、たまらないぃ。

おまかせなんですけどね、ええ。たまに、ツマミとツマミの間に、一貫ずつ握りを出してくださる感じが、たまらぬー。ツマのミョウガとワカメは酢みそでいただきます。シャリは小振りで、ツマミ感のあるまま食べていられる。イカのにぎりはもちろん醤油じゃなくて、カボスと柚子とお塩。あたし、イカの握りは醤油じゃなくて、レモン塩、カボス塩、柚子塩が、好きなんですっっ。白身の昆布じめも、しめ鯖も、しめ具合が最高に優しくて丁度いい。きんめ、こはだ、マグロは赤身、ああ、そう赤貝も美味しかったなぁ。キラキラしてたなぁ。このあたりは握りでいただきました。

あとなんだっけなぁ、ああ、そう穴子の白焼き具合もプリップリでしたなぁ。みぞれ汁はなんのみぞれだっけ?穴子の骨が入っていたな。茶碗蒸しは、底の方に梅干しが!具は梅干しだけ!酸味と甘みがウマウマ。

いちいち”ひと手間”入ってるお寿司屋さんは、もう一品一品がキラキラと光る宝石のよう。

ああ、そう、忘れられない、南麻布の超人気イタリアン。
Img_d3c8080895f93418f2c95e724b5341f9df3caf2e
「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ、春の七草」です。しかーし、鎌倉時代あたりまでは”七草粥”ぢゃなくて”七種粥”で「米・粟・きび・ひえ・みの・ごま・小豆」だったそうですわよ!
Img_99a474a60fb33acd176744da247ae4ec9ffe6205
ああ、わたしは赤ワインが好きだ。なにはともかく、ほんとうに好きだ。素敵な赤ワインの香りだけで、もう幸せだ。ああ、飲みたくなってきたぜ、赤ワイン、そうね、チーズだなぁ、やっぱ。
Img_b635f5fdaa3afca0a52e5e3269a287baec40c38c
そしてやっぱり、にぎりは、こぶりがいいわよね・・・・・
セロリの葉っぱまで余裕でいただける本当に美味しいお野菜を、濃厚なバーニャカウダソースで、たーっぷりといただいた後に登場なさったのは、透明の円形ドームガラス蓋の中に、直径5センチ?6センチくらいの大きさの白トリュフ。パカッと鼻もとでそのガラスの蓋をかざしていただくと、ひゃああああああ、

トッ・トッ・トリュフの大爆笑〜♪

もう、笑っちゃうよ〜♪

もちろん、このガラスドームな演出は、香り楽しむ用よっ!素敵すぎる。そして全くもって完璧に理想の堅さで芯の残るパルメザンチーズのリゾットに、ザックザク、ザックザクと贅沢に、ドームの中にちんまりと鎮座なさっていた香り高き白トリュフをすりおろし続けていただいて、選んでいただいた赤ワインは、やはり土臭さがほのかに香る逸品で、もう、マリアージュマリアーーーーーーージュッ!

香りで倒れられる。

続けて牛ほほ肉の煮込みと三種の茸のココット焼きトリュフ添え、こちらは黒トリュフなわけで、白黒な贅沢な並びなんですけれども、それにこれまたタンニンがクイッと効いたネビオロ系な赤ワイン、ああ、もう、どうしてお腹がいっぱいになってしまうのでしょうか。

おなかなんて、いっぱいにならなければいいのに、、、
(尾崎豊風「おとなになんて、ならなければいいのに」みたいな感じでお願いします)。

ああ、永久に食べたい、、、、、、

ああ、でも野菜シリーズだと、昨年食べた野菜としては、ソルトリーフも美味しいかったなぁ。

ああ、昨年の”出会い”として絶対に忘れてはいけないのは、フォアグラとトリュフのリゾットのオムライスとマデラワインのマリアージュ。リゾット☞ワイン☞リゾット☞ワイン☞リゾット☞ワイン、永遠にループ出来るワンツーワンツー出口なしの美味しさっ!ありゃー、まじで、美味しすぎる。あん時にいただいた、タコの卵とか、ああ、自家製イカスミとか、ああ、仙台牛、25頭しかいない特別クラスの仙台牛の握り、あとはステーキね、、、ええ、もう溶ける溶ける溶けるお肉、ありゃー絶品な”お牛様”でございましたなぁ。

ああ、桜新町のピザ、あれも美味しかった。モッチモチな生地に、癖の強いチーズとあっさりチーズが3種類くらいとろけて、いやはや赤ワインが進む進むの大行進ですよ、ええ、ええ、そりゃあもう。
Img_272a39fc39a14f2b7950c72e4c1f975e72154dc3
このバーニャカウダさん、遠近感がなくなってますが、野菜の量、けっこうたっぷり食べごたえありますのよー。美味しい野菜はいいやね〜♥
Img_c657d4a9c3a500c79e4f4580d2c3c247941b9923
これよこれ「トリュフ香り専用ドーム」。なんか「シャア専用ザク」みたいねっ!って意味わかんねっ!トリュフの下の部分の白い部分はね、お米。湿気とりですって!!!あの米、炊いて食ったら、うめーぞーーーーー!
Img_f27e3f272f5304e5c0ca86c6e3bdbcb4ce37f3d0
うふふ。ふはは。ふはははははなリゾットォ〜♪
あー、焼き肉に滅多に行かないのだけれど、連れていっていただいた、あれ、なんだっけー、塩カルビ?美味しかったなぁ。やはりあのお肉も溶けていった。別の店だけど、ホルモンって美味しいんだなぁ、ってのも私はよく知らなかったので、”2010年出会い”の一つですなぁ。

そうですそうです、東京にいることをすっかり忘れてしまう会席(懐石は茶道用語なのよね、正確には)、外の喧噪が、すっかり遠くへ行ってしまう、あのお店も素晴らしかったですなぁ。きちんと濡れ箸なのが、妙に感動したのを覚えております。個室のふすまを開けたら布団引いてあればいいのに、って感じでした。

ああ、そう、お酒部門だと、季節のフルーツをカクテルで出してくれるバーね、うんうん、あそこも素敵でございまする。

ニューヨークのマリオ・バターリの食材屋の立ち飲みワイン&クルードも、楽しくて美味しくて、きゃっきゃっきゃ。

ああ、ニューヨーク、帰りたいねぇ。うんうん。ずーっといて飲んだくれたいなぁ。うんうん。あっちからこっちからちょっとずつ美味しもの取ってきてガブガブガブちゃんになりたい。

ああ、もちろんNYでは、ベーシックにエイミーズ・ブレッドとサリバン・ストリートのパンは、美味しくて幸せ。今年は五穀パン以外にも胡桃パンと、ポテトとディルのパンにもハマっとりました。

創る方でのマイブームは、パスタは定番いつだってなんだってですが、やっぱトマト系が多かったかなぁ、今年は。スープの流行では『ジュエルスープ』って勝手につけたんだけど、いろんな野菜を5ミリ角くらいに沢山沢山切って、トマトで仕上げたスープは、なんか野菜が宝石みたいでキラキラと美しくて美味しい。

美味しいんぼう万歳。食いしん坊万歳。

でも、やーっぱり、いくら美味しいものでも、楽しくない状況やら、緊張感のある”接待”的なものだと、じぇんじぇん美味しくなくなっちゃうのよね。

「おいしいねー」「おいしいねー」「しあわせねー」「しあわせねー」と一緒に楽しむ人がいてこそ、食べ物も、お酒も美味しいと思いまする。

ま、一緒にいる人が楽しければ、何食べても美味しいってコト?
(んなことは、ないか、さすがに(笑))

飽食の時代に生きて、美味しさブラボーさせていただいておりますが、いつしか食糧難が来ても、美味しかった想い出を胸に妄想食いで生きていけることだろう。

美味しいものを楽しく食べられるよう、健康かつ、いろいろなことに感謝しながら生きていきたいでございまする。

今年も食うぜ!
Img_526e2311d5070edebe8d296c5075c83b06b5e501
牛ほほ肉の煮込みと三種の茸のココット焼きトリュフ添え、この黒トリュフも、思い切りがよくて、よかったでござるよ、ええ。うまかったなぁ。
Img_42918c48a250b3a3911074d1bd2eccfb628d7dc1
マリオ・バタリのスーパー、イータリーは、飲み食いも楽しいが、当然売ってる野菜達や、お肉達も美しい子達でしたよ!
Img_d3577b736d7c2dce240da1a643409c673453e79e
いや、関係ないけど、イータリーの帰り、ダウンタウンのウィンドウに書いてあった「SUPER DRY 極度乾燥しなさい」って、何故?何故、和訳で命令ですか?
Img_ed5c2f3ba9f5ae652ff8c41d8c5a615fc6768942
去年の1月、アメリカのポラロイド社のクリエイティブ・ディレクターとして何年間か製品開発に関わるっていう発表をしたガガたん。2011年の頭には新製品を発表しちゃうよ、って言ってましたが、ホントにしたよ!

ガガたんとポラロイドの新ブランドは「Grey Label」。3つの商品を発表しました!

インスタントプリンタGL10、プリンタと一体化したカメラGL30。

んでもって、これがやっぱし一番ガガたんですが、ザ・芸能人的サングラス型のカメラ+外向きのディスプレイつきGL20。

これ、さ、サングラスとしてかけてて、前、見えんのかね。どうなんじゃろ?!ってか、見えるか。だって、見えてる物が撮れるわけだから、カメラ覗きながら歩くみたいな感じになんのか。そりゃそうだな。

なんかね、「ファッションステートメントと革命的技術、自己表現のハイブリッド」なんだってっ!ふふふっ!なんのこっちゃだねー!えへへっ!なんか、子供の発想、そのまま商品化って気がしないでもないよねっ!それがガガたんだよねっ!いひひっ!うふふっ!

プリンタが$149.99で5月発売で、他は年内発売価格未定だってー。いくらくらいだろね。$499.99とかしちゃうのかしらね。

バンバンこういうものを発売していただきたいと思います。

え?

うん、まあ、ひとまず買うよ。お金の余裕があったらだけどもさ、でも、ほら、ガガたんの製品が売れなかったら、こういうわけのわからない物が商品化されることがなくなってしまうかもしれないからねっっ。遊び心ってことで、家族全員の分を買ってみたら、おもしろいかもしれませんね。んねっ!
Img_4c6fe20713b7aa88aa5af23891fe7ac5ae32f3e4
かけるとこんな感じぃ。かけてぇー。
Img_9b6e3908614c42b6e7cbd548045bc45716231773
こちらになっておりまする。
Img_ff04850a48a2227e5e487d4cd7dad2bfae4a4d3e
Born This Wayの発売はまもなく!2月13日だぜ!アルバムは5月だけんどもね!ああ、楽しみ!
Img_b02a929504a37778e75429670a0e0afc6c0de99d
今年はウサギ年なわけですけれども、ウサギと言えばやっぱりアリスですな。『黒執事』の話になったことですし、ザ・ウサギ様、今年はよろしくおねがいいたします。
とりいそぎ、こんばんは。

NHKBS・MAGネット『黒執事』特集、放映終わりー。面白かったー。

って、番組が面白かった、ってコトで、ええ、やっぱり『黒執事』は面白いってことですけれども。。。

アテクシ?

アテクシは、もう、ほんと、いいとこナシだぜー(笑)。てか、滑舌が悪い(笑)。ディレクターさん、音声さん、編集さん、ごめんなさーい。滑舌だけじゃなくて、もっと編集点クリアに話せよって感じっす。いや、実は、徹夜で、、、とか言ってる場合じゃなくて、ごめんなさい。アテクシも、ディレクターで番組やってたりしたわけで、あーもー、ほんと、ごめんなさい。

いや、いつもは、もう少しクリアに話してるんです、ええ、ほんとです、、、、、いや、しかし、、、役者さん達に顔向け出来ない、、、反省点だらけ。

今度、どこかに出させていただく時は、もう少し精進していることを、ここに誓います、、、、、、

あ、あとですね「一部の役者に汗をかくな、とか言ったり」という発言がありましたが、えー誤解のないように補足しますと、本気で汗をかくな、と言っていたわけではありません。汗はかきます。舞台の上は暑いし、衣裳はガッツリ冬だし、動きまくるし、かきます。それに、大きい舞台では、汗が見えない席がほとんどなので、涼しい顔してやっていただければ成立するのです。

「私の思う『黒執事』の世界観は、そうなのよ」という事を伝えるためのメタファーだと思って下さい。舞台で真剣に取り組んでいる役者さんの汗を否定するものではありませんので。

だからといって、肯定しているわけでも、ないけどさ。

まあ「みんなで汗かこうぜ」とか言うのは苦手ですけどもね、ええ。

え?

ああ「汗」の方じゃなくて、「みんな」の方がですけれどもね(笑)。

といわけで、また『黒執事』でも読みなおしますー♥
MAGネットは再放送がいつだっけか?
 (Click!) 
1月21日(金)今度はBS2じゃなくて、BSハイビジョンで24:20から25:04の放送です。よろしくね♥
Img_54db788e6974da58bff327d311d3562109a98b6f
交差点を曲がったら、いきなり道路の正面にタワーが見えて、びっくり。これ、この正面に何もなかった頃と、運転してて、ぜんぜん違うだろうなぁ。ここ走ってる路線バスの運転手さんの2010年、2011年の記憶の風景は、ちゃくちゃくと立ち上がるスカイツリーだったと思う。
Img_187b3b9f3508a6f4dc910e1a355c7ef0de23ba1d
ふと見ると、顔をのぞかせる感じ。
Img_744158cd568bd81f81e01bae147f7ccb1aadbfd8
タワーがなかったら日本のどこか、わからないけれど、あれ一本で近隣区とわかるんだものね。しかし、ホンット、日本って電線天国。
先日、新春歌舞伎、浅草公会堂に若手歌舞伎を観に行ってまいりました。

午前中、三ノ輪の方での用事が終わり、見事な晴天の上に時間もある。「久しぶりに江戸時代にタイムスリップするかな」と妄想散歩、吉原を抜けて浅草まで、と歩きはじめてビックリしたのが、スカイツリー。

いやあ、あれ、予想以上に衝撃的です。

街の風景が変わる。

街の風景が変わる建物なのですね。

特に周りに高い建物がないだけに、スコーンと立ち上がってる感が凄い。富士山のようです。あれは、スカイツリーが視界に入るところに住む方々にとっては、”何か”になっていくんだなぁ、と実感しました。

「ああ、あの頃は、まだスカイツリーはなかったねぇ」

「ああ、あの頃は、スカイツリーが出来たばっかりだったねぇ」

「ああ、あの頃は、ここからスカイツリーが見えたんだよ」

そういう風に人々の暮らしの中の、視界に残る、建物でした。

でも、私は、近隣地区の”どこからでも見える”スカイツリーを見るのが、すぐに哀しくなってきてしまいました。

なぜかというと、あの”どこからでも見える”感じが、あまりにもワールドトレードセンターに似ていたからです。

マンハッタンのダウンタウン地区に行くと、ワールドトレードセンターはいつもどこからか、見えていました。

ビルの影に入っちゃっても、少し歩くと顔をのぞかせる。

よく知らない地下鉄の駅、なじみのない出口から地上に出ても、キョロキョロと見回してワールドトレードセンターのある方が南。それを確認してから歩き出す。

ワールドトレードセンターは、風景にドンと存在するランドマークでした。

しかしあれだね、現代でもあの着々と積み重なっていく様子は、見えている人は充分インパクトあったと思うけど、東京タワーが立ったころは、もっと凄かったんだろうなぁ。1957年6月着工、1958年のクリスマスイブにオープンした東京タワー。戦後の復興が目に見える感じ?少しずつ高くなるタワーを遠くに眺め、日本のアカルイミライに夢見た昭和の人々。

平成の子供達、平成の後は何になるかわからないけれど、ミライの子供達は、あのスカイツリーを含めた景色で生きていくのだなぁ。

風景を失うというのは、強烈な衝撃です。

地震とか、テロとかで、スカイツリーがなくなるようなことが起きずに、スカイツリーを視界にいろんな素敵なドラマが展開する日本でいて欲しいと、心から願う青空でありました。
Img_aa719a7a60f1d4eef4cd2d90192a825d214668ad
タワーの先端と、右に見えているのは浅草寺の五重塔の先端。
Img_d7184bdd2942a3d0a5feb310d44faf314d3b61ad
こちら、五重塔。
Img_aab04370add8bcba38c9b7c028ade182d10f4f7c
もちろん、浅草寺からも、見えてました。
とりいそぎん!

ガガたんが一昨日くらいに、「パリコレでかけるリミックス中。ドッキドキだよ」みたいなツィートしてたんですが、新曲かけたのよう〜、『Born This Way』のリミックス、MUGLERのファッソン・ショーで流したのよう〜!カクイイねー。
 (Click!) 
MUGLERのサイトで聴けるよ!

あー、2月の新曲、5月のアルバム、楽しみすぐる。
Img_0c1a432bd6466efaea5d4ab27d3e928e06dbb02a
貴婦人風だね。24歳には見えないね。400歳くらいに見えるねっ!
Img_6cf8554c2068cf18c716f7bdfa1b2ee74745d232
そして、ちっとも寒そうにしてないのがエライっす。気温無視はオサレの神髄だぜよ。ぜよ。
Img_0c6727e3599df9a5b5549cbac875e06164463609
お願いだから誰かリアーナに「君はオサレぢゃあないんだよ」と言ってやってくれ。誰だ、ファッソン・アワードとかあげてんの。勘違いを増長させたら可哀想だ。面白いけど。
Img_df443e75ca0b84a84d83256406c7887d72334839
いや最近いろいろ怒濤なんですが、その最中に母の誕生日があったりして、ええ、また姪一号がクリエイティブでして、こちら、力作の「花束」。自分で全部考えて作ったんですって!かわいすぎるー。
ご、ごめんなさーーーーーーーい。おひさしぶりですー。

いや、さぼる気はないんです。

書きたいんです、ほんと。

しかしながら、今日、ワークショップの参加者の1人に「最近ブログ更新してないじゃーん」と言ったら、「コーチに言われたので更新しまーすw」となって早速更新されていたりして、いやいや、あたしも、更新してないじゃん、反省。

もっと上手に時間が使いたいー。

グーグー寝るの大好きだけど、たまにはずっと起きてても平気な生き物に、なりたいー。

しかし、ぐーぐー寝たいー。

いや、もっといろいろやる時間が、ほしいぃーーーーーー。

いや、しかし、来週は書きます。書けます。ほんとです。いってきます。

しごと、もどりますっっ!