|  NEWS  |  PROFILE  |  DIARY  |  NEW YORK  |  THEATER  |  OTHER KINDS OF...  |  LINK  |  CONTACT  |
どわっ。

ツィッターも、ダイアリーもほったらかしてしまってました。。。いや、ほったらかしていたわけではないのですが、お久しぶりです。

ここ2週間ほどは、書きたいこと、書くべきこと、いろいろとありましたが、通り過ぎて捕まえそこねちゃったね。

そういうことは、捕まえそこねたことをキチリと反省しつつ、今を生きていこうかと思っている次第。

ぼーっとしていると、24時間なんて、”あ”ですなー。

”あ”!

いや、わたし、さいきん、おたんじょーびがありまして、いろいろな形の、おたんじょうびプレゼント、いただきました。

ありがとうございました。

ありがたい。

今年は、お誕生日の日に同じお誕生日の人と、残りの2人は、そこはそこで同じ誕生日の人と、つまりは4人いたけど誕生日が2種類しかない感じで集まってました。


しかし、プレゼントって凄いですね。

アテクシが、ガッツリな感じで何も考えず食べてたりとか、おなか掻いて、ぐーぐー寝てたりとか、ぼけーっっと、しょーもない、ほんっとしょーもなくてここに書けないような妄想していたりとか、コーヒー入れようと思ってちょっとしたことをメンドクさがったせいで珈琲豆を床に巻き散らかして1人でプンプンしてたりとか、新しく買った水城せとなの漫画を読んだりしている間にですよ、どこかで誰かが、アテクシのことを考えてですよ、ステキさんなプレゼントを選んでくれているわけですよ。

「桜子さん、喜んでくれるかなぁ」

嬉しいです。

もちろん、桜子さん、喜びます。喜んでくれちゃいます。

あれだね、プレゼントってホント、幸せギフトだ。

どんなものでも、誰かのことを考えて選ぶ。

これは、もらう方も、実は、贈る方も、幸せだよねー。


『あの人は、喜んでくれるだろうか』


幸せっすよねぇぇぇぇぇ。

あの人のことを考えるのも。
”あの人”がいることも。
Img_d88008c310a7c30bd05c73332e1310e98b3004bb
Img_78839090921debb4f9d68afb397ca3832355ffe6
Img_72c4e5242aa38b376633f463423d9af3fbe19800
お花、もらっちゃったよーん。お花、いただくの大好きです。最初に記憶にあるのは、中学生の時に、もらった、ものっすごい薔薇の花束です。家に届けられました。Y君からね。親に「誰から?」って聞かれて、ちょーハズかったでしょ。
というわけで、私はプレゼントを買うのも、大好きです。

タイミングが合えば、なにかとプレゼント買います。あ、合わなくても「あの人にいいなぁ」と思うと買っちゃったりします。お金なくても。ちいさいものでも。

ついつい。

ま、なにか買うのが好きなのもあるかもしれないけど、でも自分のものより、人のもの買うの、好きですね。

ある意味プレゼント魔?最近気をつけてはいるけどぉーーー。

あ、でも、純粋に「似合う」とか「喜んで欲しい」っていうのは、トーーーーゼンあるんだけど、ちょっと教育的なプレゼントもあるかもしれない。あたしの場合。たぶん。

「ファソン的にこっちにいったら、もっといいのに」とか
「今、この本を読んだら、今の状態から次に行けるんじゃないか」とか
「次に目指したらいいのは、このあたりのレベルのものに囲まれて暮らす感じじゃん」とか?

どんだけ上からだよ(笑)。

いや、上からじゃなくて、ほんと、自分で買わなそうなものや、気づきにくいところのものを見つけたりするのは好きですな。

もちろんドンピシャなものも買ったり、創ったりしますー。



でもって、舞台も映像作品も番組も同じですなー。

喜んでもらいたい。

喜ばせるのが好きなのよっっっ!

喜んでもらえると喜べるのよ。そうなのよ、そういうことなのよ。

ウィンウィン・シチュエーションってやつだ。

はっぴ〜ば〜すで〜・とぅ〜・みぃぃ〜。

たくさんプレゼント出来るよう、色んな意味で、精進しやすぜぃ。

人生”あ”という間だからなー。

走る走る走るー。
Img_0abcb30ffd2eb58afc3c9af78bd5eddd97da0eb2
Img_d74d8960a9ad593569f80b79390ea57a55624189
空がだいぶ高くなって、秋の気配がしてきましたね。でも蒸し暑い。なんか、ものすごく、ムシムシムシムシ。この蒸しっぽさって、8月よりキツイような気がするんですけど、気のせいかね?
世の中にはいろいろなゴールデンがありますです。

はい、ゴールデン。ゴールデン・コンビ。

いえね、三浦友和さんと山口百恵さんとか(ふるっ)、宝塚にはスゲーたくさんいるわけで、歌舞伎もあるわけだけれども、表舞台の方々だけじゃなくて、作曲家と作詞家(カンター&エブなど)とか、主演と監督(ジョニデ&ティム・バートンなど)とか、作家と編集さん(沢山いるはずー)とか、写真家とモデルとか、DPと照明さんとか、花道と流川とか、いろいろあるよね。

きっと我々の世界と違う仕事でも、いろいろあるのでしょうね。

営業さんのチームとか?わからんけど、いろいろあるんだろうな。

言われんだろうな。

「営業二課の坂田君と、吉岡君、ゴールデンよねぇぇぇぇぇぇ」

とか。

勝手にカップリングまでしそうだけど・・・。あ、それ、一般的ぢゃねーのか?

Anyway。


いや、ね、ゴールデン、大事なんだけれども、そういう組み合わせで一度ゴールデンになっちゃうと、なかなか他と組まなくなることも、あるような気がします。

もちろんさ、一度気があった人と徹底的に仕事をすると、ツーカーになることによって、出来ることが増えたりして、素敵な展開になること、たくさんあるでしょう。お互い「はじめまして」がないわけですから、最初っから、肝にグイグイいけるしさ。

私にも、仕事しやすいひと、ゴールデンな人々、おりまする。

でも、最近、なるべく冒険してみようと思ってマス。


日本で落ち着いてお仕事するのは、去年の舞台が15年ぶりくらいで、そして、また今、新しいお仕事していますが、自分の知り合いで固めるのではなくて、なるべく新しい人ともお仕事してみたい、ってことで、新しい人々と出会ってマス。

出会いって、おもしろい。

もちろんエネルギー使うけどさ。

ギョーギョーとね。

でも、最近、日本に”仲間”とか”友達”が増えて、とても嬉しいのです。やっぱり立教大学を3年やったり、去年ミュージカルやったり、あとはワークショップやったり、連載させていただいたりで、確実に新しい仲間が増えてるんすわ。

一昨年までは、日本に来ても”昔の友達”、”NYの友達”、”NYで知り合った日本の人”に会うのがほとんどでニュー展開はあまりなかった。

だから、嬉しい。

そして有り難い。


いろんなところで、いろんなゴールデンを創りたいなぁ。


あ、そうそう、ゴールデンと言えば、当然、赤ワインとチーズ、お寿司と日本酒、生ハムメロン、ブルーチーズと蜂蜜、ああ、きりがないきりがない、オイシイモノ・ゴールデンがたくさんありますなー。

むかーし、ネスカフェ・ゴールドブレンドのCMで「やってみたら、美味しかった」シリーズというのがあったんですわ。

「和菓子と珈琲。やってみたら、美味しかった」

とか、この”和菓子”がいろいろ変わるんですけれどもね、ええ、ええ、「こんなゴールデン、あるんだぜ」って話ですが、えー、えー、まー、トーゼン、男の話とか、女の話とか、きゃー!応用してたよねぇ〜〜〜?(って同意を求めないとやってらんないっしょ)

「ああ、あいつ?『やってみたら、美味しかった』」
とか
「ああ。ネスカフェ・ゴールドブレンドだった」
とかねー。

・・・・・・。

って、なに書いてんだ・・・。

ま、いっか。

大人だし。

寝よう。
Img_df2cbaa0286230b785e2e8b576c8a62ead706f2d
コーヒーと小川軒のレーズン・ウィッチ。ゴールデンよねぇぇぇぇぇぇ!
やっぱり落ち着くぜ、New York。
ガッツリ時差ぼけだぜ、USA。
なぜか、靴擦れだぜ、My Foot。

っつうことで、戻ってマス、ニューヨーク。

あああああああ。おちつくぅぅぅぅぅーーーーーーー。
なんか、ね、日本にいたことが、スッポリと抜け落ちちゃうんですね、帰って来る度に。ずっとNYにいたみたいな錯覚に陥ります。

いやー、しかし、今回の日本は長かったっす。

有り難いことなんですよ、ええ、お仕事いただいてのジャパンですから。

でも、もう少し、日本での環境を整えないと、長くなってくると、なかなか大変だなと思いました。

んでもって、戻って来たらさ、やっぱさ、部屋はさ、それなりにさ、手入れが必要なことになってるものよね。

なーんか上の階で水漏れ的なことが起きているようで、バスルームの天井が微妙なことになってるのさ。。。トイレも止まりきらず、チョロチョロと音をたてているし。。。

こういう場合、NYでは、大抵の場合、速攻、スーパー(管理人)に連絡して、勝手に直しておいてもらいます。鍵、渡してあるし。ああ、持ち部屋だったら、どうだか知らないけど。家賃暮らしは大抵そうじゃないかなぁ。だいたいの部屋で、冷蔵庫もコンロも、最初からついてるから(大抵そうです)、壊れたら、取り替えてもらうし。もちろん、ダータですダータ(ただ)。

キッチンの床、バスルームの床、雑巾がけ、あーホコリっぽかった。。。

あ、そうよそうよ、ツィートしたから書いた気になってたんだけど、このまえさぁー、日本でだけどさぁー、バスの中で衝撃、小学生に席譲られたのよ、、、

立ってたらね、「どうぞ!座ってください」って左斜め後ろから、なんか声のエネルギーが明らかに私に向ってきてるから、振り向いたら、小学生よ、高学年よ、まっすぐした瞳で、こっちをガン見してるわけよ。

私はバスの降り口の辺りに立っていて、後部座席進行方向右側、一番後ろの一つ前の席にいた子が言って来たからさ、向こうからは、わりと後ろ姿だったけどさ、にしてもさ、、、

銀髪だよ、ああ、銀髪さ。

一歩間違えたら、白髪さ。そうさ。

けっどさぁー、ブーツ履いてっから、170くらいあるわけよ、身長。トゥルー・レリジョンのジーンズの適度に色ぬけてるやつに、上は黒地にキンピカの三本ライン、鞄も革のリュックだぜ。指輪とか、首周りとか、シルバーな感じだぜ。だぜ。

いるか?んなオバアサンは。いるのか?東京は、そういうところなのか?

思わず、「え?あたし?」って聞き返したら、視線ソラサズ、「どうぞ」とか言うから、その事実に動揺して、「え、いいよ」って、ウッカリ丁寧語も出て来なかったさ。

ったら、その小学生の隣にいた小学生が、「無理して譲るのは良くないよ」とか、もっともらしいことを言うわけだ。あー、なおさらカチンとくるなー。

これさ、50歳なアテクシとか、60歳なアテクシが「もう、なんだかオバアサンになっちゃったのかしらね」とか思いつつも「まだまだ若いのよ!席なんか譲られてる場合じゃないわ!」とか言うのと違うっしょー。えー、おいおいおい、どーなのよー。

そのバス、もともと微妙な空気だったわけね、小学生が沢山、引率の先生、PTAらしき人々、みたいな。

で、「席を譲りたい大会」みたいになってて、「お前、立ってろよ」とか「そこに立ってると邪魔だよ」とか、「そこは出口だろ」とか、クチクチクチクチ小学生同士でやってんだわさ。

で。

なんでアタクシですか?え?なんでですか?


しっかし、いない間の郵便物、、、途中までやったけど、あああ、生きていくのは大変だ。
Img_71e4f3bf682b6eadcf0c78e1b9b09974581fdf52
留守番してる、うちの子たちよー。
きょうのニューヨークは上が24度、下が19度。

過ごしやすいですな。

もう秋ですわ。Autumn in New York ですわー。

以前に、「NYの夏、というと、酒屋にロゼ・ワインのコーナーが出来る」というのを書いたけれども、もう秋です。ロゼ棚は酒屋の隅に追いやられておりました。たぶん、今月いっぱいで、撤去ちゃんだろな。

夏の名残。

今年の秋は、実りある秋になりますように!

って、種蒔いてないと、実らないけどねっ。
まきつづけないとねっっ!
Img_146d5157d59e0a39561a0170bd5e3804ca5adb24
日本の感覚だと「結構まだあるじゃん」と思うかもしれませんがぁー、これは、種類も本数も、もうサヨナラ〜な香りいっぱいなのさぁ〜。
地震や、台風、ハリケーン、豪雨、いろいろな自然の力に、「かなわぬ」と思わされるが、同じく、自然界の持つ「美しさ」にも、「かなわぬ」、な。

この岸辺に何回行ったことか。全く同じ表情を見せない。かなわんな。

とか言いつつ、色を変えてみたりして。
Img_1939f0f5b2e5d1b88f5f41267d5483e0d8f80c44
これはオリジナルの色。綺麗ねー。
Img_bcddf159c0734b2bebe37b303d2ff18540567401
色を抜いてみたよー。
Img_10bc51dd8e5d502eae2aabe77dc25ac8f62ad45e
青と赤を強くしてみたよー。
(書いてアップしてなかったから日付は28日ですー)

友人、っていうんじゃ説明しきれないな、戦友?ソウルメイト?家族だな、ヤツは。

とにかく、NYに来て、いろいろ自由活動も始めた97年に出会った大事なヤツが、今日、母親になりました。

えらい。よくやった。母子ともに健康。

ぱちぱちぱちぱちぱち。

スゲエぜ。歴史を感じるぜ。

まあ、姪達にもオババカっぷりを発揮しまくってきましたが、ヤツの娘ってのも、あれだな、可愛いな、やっぱ。しかもヤツのパートナーはアメリカ人だから、日本語担当班として、張り切って日本語で話していかなきゃいけません。

出産祝い、ベタで銀の匙にしようかと思いましたが、その友人と私の好みだなぁ、と思ったのでトゥースボックスにしてみましたー。

かわーいー。

なんかさ、ルーブル美術館に、こういう小さい箱がダーッと陳列されてるところがあるんですけど、ええ、もちろん王族ものとか、宝石ついてたりとか、買えるシロモノじゃないですけど、ちぬほどカワイイのよぉ。リモージュのポーセリン小箱、たくさん集めたいっっっっっっ!自分が欲しいっっっ。

・・・。

で。

この小箱にだな、抜けた乳歯を入れとくとなぁ、”歯の妖精”が来て、金貨に変えてくれんだぜ。ああ、箱に入れてなくても、まあ、一般的には枕の下に入れておくと金貨に変えてくれるんだがな。

しかし、歯の妖精って、なんか可愛くないね。。。可愛いのかな???

どんなんだろう。

人間の形してんのか。

歯の形は、、、、、してないか。してないよ。ないない。

怖いし。。。。。

まあ、サンタクロース的にだな、子供がムキになっている場合は、親達は大変らしいぞ。なんせ、「寝ている間に枕元にプレゼントが!」という「ただ置いてくればいい」パターンと違って、目的の”歯”は敵の枕の下にあるわけで、交換しなくちゃいかんからな。大作戦だな。

ふふふ。

歯が抜けるのなんて、まだまだ先だなー。


彼女(生まれた子)が、幸せに笑い、死にたくなっても戻ってこれる程度に幸せに悩み、これまた死んじゃわない程度の素敵な波風にモマレながら、よき人生の旅が、まっとう出来ますように。


おたんじょうび、おめでとう。
Img_2c379a772c42ddca6da2d2c5f72a7913f5eafefb
ティファニーのトゥース・ボックスです。リモージュのポーセリン、手描きだよん♪。かーわーいーいー♪。日本ではみかけたことないけど、売ってるのかなぁ???ちょー可愛いよ。9月は、林檎からミミズ君がひょいと顔を出していたよ。
Img_f791a889f832f60c2aff376449489f3b82e01ceb
12ヶ月分あります。5月も可愛かったなぁ。別にトゥース・ボックスとしてじゃなくて、なんに使ってもいいんだけどね、もちろん。アルファベットもあるし、他にもイロイロ。
Img_7de13cd0148f3f9b6529b00e8a74c6f501d496d6
リモージュだけじゃなくて、他にもパロマ・ピカソ(パブロの娘)の描いたトゥース・フェアリーの銀の箱とかもあるんだよ。ティファニーはピカソ・シリーズあるからねー。