|  NEWS  |  PROFILE  |  DIARY  |  NEW YORK  |  THEATER  |  OTHER KINDS OF...  |  LINK  |  CONTACT  |
スティーブン・ジョブス氏、他界なさいました。

実業家で、他界されたことによって、こんなにも一般人がショックを受ける人物が、今までにいたでしょうか?しかも、その多くの人が、彼の人となりを全然知らないのに。

未来を夢見られる、可能性を託したくなる人物だったんだろうな。

養子だったり、大学時代から友達使って儲けを山分けしなかったり、大学辞めちゃってたり(先生より自分の方が優秀だって気づいたから)、子供認知しなかったり、派閥争いバリバリやったり、パワフルですよ、ええ。アップル辞めて(辞めさせられて?)、復帰してから、ずーっと給料年間1ドルだったことは、さすがに日本でも有名なんでしょうか?

個人的にはピクサーを発展させてくれたのも、スゲーと尊敬しております。『トイ・ストーリー』が最初に出て来た時は、これまた新時代だと思ったもんですよね。

本当に彼は現代のパーソナルな技術に、入り込んだ先駆者だったんだなぁ。

つくづく。

しみじみ。

アップル・ファンというのは、まあ、メンドクサイもので、自分が誰よりもアップル愛好家だと言いたがるクセがありますが、まあ、ファンっつーのは、そういうもので、「売れる前からファンだった」「最近のファンは本当のファンぢゃないっ!」「昔の方が良かった」なんてことを世界的に共通して言ってしまうものですね。

ですので言います(笑)。

私は小学生の頃から家にパーソナル・コンピューターがありまして、それはもう、ロードするのはカセットテープでやってる時代でしたから、91年にアップルのクラシックを初めていじった時は感動的でした。「これで音楽が創れたり、アートが描けたり、なんか、すごいことなってきたぞ」と思ったのを覚えています。(20年前から愛好していたアピール)

ジョブスに関しては、かなりハードな性格の方が際立っていた方だったように思いますが、ジョブスを個人的に知っている方で、これまた物凄いキレキレの美の神みたいな方が「スティーブンはね、こだわるのよ」ってなことをよくおっしゃっていたのを思い出しますね、ええ、ええ(自分だけ特別繋がりアピール=本当は違うのにね、だってあたしが知り合いだったわけじゃないもーん、あったことないもーん)。(ついでに言っておくと、この私の友人はスピルバーグ氏とも交流があって、彼女が「スティーブンがね」というと、「ジョブスかなぁ、スピルバーグかなぁ、どっちかなぁ」と最初に思ってたことを思い出しますわー。派手でいいよな、うん)。

「人のアイデアを盗んで自分のもののように言っていた」とジョブスのことを言う人がいますが、私は違うだろ、と思うんですよねー(割とみんな思ってることを自分だけの意見のように言ってみるアピール)。

こだわった結果、アイデアが人のものだろうがなんだろうが、自分の脳の中で自分のアイデアとなってから商品になるのに、他の人では出来ないことをやってたと思うのですよ。採用するのもしないのもジョブス次第だったでしょうし、ジョブス以外の人間が採用した場合に、はたして注目されたか、実現したのか、また、発展したのか。彼の手を通るだけで、彼のアイデアということになってしまうのは、わかるように思うんだよなぁ。

まあ、全部1人でやったかのようになっちゃうあたりが、恐れられて嫌われてたりしたところでもあるんでしょうけど、アイデアを受け入れられるっていうのは、もともとなかったものでもない、ということもあるし、それも一つの才能なんですよねー。

きっと、思いついて実現していないことが沢山あったんだろうな。

心残りが山のようにあるんだろうな。

でもきっと、彼のやりたかったことは、パーソナルな機器達を通して、次世代が実現させていくのでしょう。

彼が予想していたより、きっと、早く。

まさに時代の人でした。御冥福をお祈りします。
Img_92eceb41ecdceb84807a42c22183766ef70689ac
1955-2011
Img_8af4dc9be88011ada0b9f2e30032b5014a6343e0
初期はずっと6色リンゴでしたね。今や懐かしい感じですが。
Img_0de24b57551eb43d94d90cab23dff94eaaeb02e9
アップルの会社名の由来は諸説いろいろありますが、一口の「バイト」とコンピューターの情報容量の単位の「バイト」を引っ掛けて、一口ぶん齧ってあるという説は好きです。
ジャッ、ジャパァーーーーーーーンッ!

と、いうわけで(?)ふたたび、、、みたび?ええっと、今年何回目であろうか、三回目?三回目だ、三回目のジャパンに、やってまいりました。

なんか、今回も、速攻呼び戻された感じですが、NYに帰った時と、日本に来た時で季節が変わっていると、なんか”久しぶりの日本”みたいな気持ちがしたりして。

キンモクセイの香りに、ふと、顔を上げさせられる。

いやはやなんとも、もう秋ですなぁ。

しみじみ。

なんか、姪っ子達が、運動会な感じなんですよね、ええ、行けなかったけど。ああ、行きたかったけど。

だって、踊ったりすんだよ。

かっっ、かわいいっっっっっっっっ!!!!!!!

ふぅ。

で。

なんですか。

最近は、徒競走=かけっこで、一等賞を決めない「順位をつけない徒競走」とやらがあるそうじゃーねぇーかい。え?なんでも、「みんなで一緒にゴール!」?

???????

みんなで、いっしょだぁぁぁ???

どういう理論で、そんなことなってんっすか????

子供に順位はつけない??????

成績は順位つけるのに??????

勉強出来る子には場があって、運動出来る子が「イエーイ!」ってなる場所がない方が問題じゃねーの?

ってか、現在の日本の資本主義ってか、世界の理論の中心って、競争原理で成り立っておりまするよね???みんなで一緒にワールドカップ一位?みんなで一緒に金メダル?みんなで一緒に衆議院議員?みんなで一緒に営業?なんなら東大全員合格?誰でも好きな会社に就職100%?

意味がワカリマセーン。

まあ、あたしは足が速かったよ。いっつも一位でしたよ、ええ、ええ。なんなら学年で一番足が速かったりもしましたよ。はいはい。

「足が速い人に、運動出来ない人の気持ちはわからないんだよ」

って、言われても。

もちろん基礎体力的に恵まれているのはあったけど、でも、毎朝走ってたよ。一位から落ちるの嫌だから。わかりますよ、努力しても手に入らない人だっているってことも。でも、私は、自分のレベルで、努力をしました。それ以上でもそれ以下でもありません。

え?もちろん陸上部じゃないですよ。

ええ、はい、演劇部。

いや、違う。演劇”部”じゃないんだ、そう、そうそう、最近、ツィッターで思い出させていただいたんですが、なんなら、うちの高校は、”演劇班”でしたわ〜。うちの高校、”班”だったんだよね〜。陸上班、ダンス班、演劇班、なつかすー。

うちの高校の運動会は、それはそれは激しかった。。。今でもそうなのかなぁ。。。

あのね、好きな競技になんて出場させてもらえないんだぜ。

運動会実行委員会が、春の体力測定の結果とかタイムとか見て、選手決めるからね。足が速ければ、100メートル走とかリレーだし、背筋力強ければ綱引きだしー。チョーマジなんだよね、学年対抗だし。中学ついてたから、6学年対抗で、中学は中学で、高校は高校でも順位決める感じでね。

ええ、いつもいつも走ってましたよ。3年間、ずっと走ってたなぁーー。。。騎馬戦とか、やってみたかったなぁーーー。

あー、運動会やりたい。

なんか、スッゲー普通の運動会開催したら、盛り上がりそうじゃん?まあ、これって、もともと運動得意な人間の発想かもしれないけれどー。

でも、「運動会かぁ、嫌いだったなぁ」とか、「運動会かぁ、嫌だったけど、完走した時は嬉しかったなぁ」とか、「負けて悔しかった」とか、そういうのは本当に大事だと思うんですけど。

ま、今の教育に関して、いろいろ言い出すと、キリないっすねー。

大学ですが、自分の現場で出来ることやるっすー。

って、タイトルと全然関係ないな。

ま、いっか。

ただいま!ジャパン!

Img_74ea8d21acd82b373e13750e3e0105c50abdb3c1
SOHOのディスプレイ。私は同じ物が大量にあるディスプレイに弱い。
Img_9f7bbc6d08a85df80d99d5226a6483f787a35da2
こちらもダウンタウンっすが、、、誰が、、、書いたんだ、、、日本人、、、とは、限らないよなぁ。
Img_55da92bf827ab7a561207fb8411ab8e1237800d4
朝の便でしたが、綺麗にマンハッタンが見えて、シムシティーを無性にやりたくなりましたとさ。写真は、どこかなぁ、真ん中へん、ミネソタあたりかなぁ。もっと南かなぁ。
最近、何か、はじめてのこと、ありましたか?

お仕事で、最近、またまた高校生の方とか、20代前半の方とか、年齢的にヤングな皆様とお会いすることが多いのですがね、はい、「はじめてのこと」に挑戦するタイミングのゥウィットネース(目撃者)になったりしてます。

楽しい♪

自分が、それくらいの年齢だった頃のこと、いろいろ考えますね。

もっちろん、アテクシ、今だって、なにか「はじめてのこと」にトライしてみようと、新鮮な気持ちで生きております。

年齢ではなく、決まった未来も、決められた未来もなく、「もうトシだし」というのは、フツーに言い訳。生物学的、ってか体力的に難しいものはあっても、いつだって「本気出せば、やってやれないコトは、ないんじゃないか。たくっさん、あきらめないで、はじめてのこと、やっていこうじゃんか」と思いまするるる。

あ、しかしながら、「本気出せば、やってやれないことないなら、じゃあ、じゃあ、今から、世界陸上の100メートル走に出ることにする」というような目標はですね、もう生物学がどうのとか、そういうレベルじゃなくてですね、「話す気ないなら、けーってくれ(帰ってくれ)」ってやつです。はい。却下。それは「明日から引力なくす」とか「今すぐ酸素なしで暮らす」とか、そういうレベルなのでね、はい。お世話になっておりますー、よろしくお願いいたしますー、しつれいしますー。

ま、トライだけは、出来るだろうけどね。出られるかどうかは、別として。

はじめてのことに、ちゃんと、感動しながら生きていけるといいなぁ。たくさんの、はじめてのことを、このさきも体力と精神力を持って、トライできるようにしてなくちゃなぁ。

あ。

そういや、はじめてインターネット・カフェとやらに行ってみたぜ!いやいやいやいやいや、漫画天国に感動。漫画は常に大人買い、キチンと買いますが、「どんな感じよ?面白いの?」とか「この作家はどうなんだろう?好みなのか?」っつーものとか、資料はね、いやー、便利。

しかし、たまらんね。いや、日本人って凄いなぁ。。。。。。

まあ、欲を言えば、「インターネット・カフェ・プラス」とかないかしらとか、思いますわ。ええっと、多少高くて良いので、駄菓子とかじゃなくてディーン&デルーカが入ってるとか、せめてスタバが入ってるノリのね、ええ。いかがですか、スタバさん。ねーっ。なんつーの、ネット・カフェ界の強羅花壇とか、アマン・グループとか、あったって、いいじゃんか、ねぇ。ねー?とか言いながら、安い方に行くことが多くなったりしそうだけどさ。



そして、たくさんの初めて会う人達もね、はじめて仕事する方々もね、どんどん増えているわけで、凄いワクワクしております。

機会をくださっている方、感謝です!

楽しんで行こうっと♪
Img_873c784ac0eb01508784e05e97da1e58125802ab
詳細をお伝え出来るのは、ちょっと先になると思いますが、日々、いろいろ積み重なるのは面白いですなー。私は自分の仕事が好きだぁー。シヤワセシヤワセ。
昨日は弟の誕生日。今日は両親の結婚記念日。そして、友人K君の結婚披露宴(行けなくてゴメンね)。みなさま、おめでとうございます。

最近、脳が、行動が、記憶が色々追い付いてないなぁ。ちょいと立ち止まって、自分の走れる速度の確認をしなくてはマズイ。

最近の景色をツラツラ思い出すと、、、






Img_ed399ff9ab37ecd308582cebd98f2eb5b5622857
*とびばこ
姪一号の参観日に張り切って参観してきたぜ。癒されにだけどね。

参観日は3日間あって、3日分の時間割表があり、好きなときに見られる。現代社会対応されてんなー。おなじく姪が可愛くてバカになってる弟と二人、初日の一時間目体育に超ハリキっていったらだな、早く行き過ぎて、体育館には、子供達さえ、いなかったぜよ(笑)。

とびばこ(姪達はボール系の運動だったけど)、とびばこ、懐かしい。超、飛びたい。なんか、大人が”体育を懐かしめる”秋のイベントとか合ったら、親子で盛り上がれそうなのにね。親子じゃなくて、叔母姪でもねっっ!ねっっ!

Img_515fcbf967c24ea0d1ff7e2f2594053ad667271d
と、とびたい。。。
*バスケットボール・ストリート
『渋谷のセンター街は名前を変え、バスケットボール・ストリート、通称:バスケ通りになりましたっっ!』って今年の9月に発表されたときに、久しぶりに、本気で頭が悪い話だと思いましたよ、ええ、ええ、だいたい、”通称”って最初に決めるもんか?誰も呼んでねーのに、通称って・・・何かんがえてんだ、っつーより、もっと考えろよ、渋谷センター商店街振興組合。

「若者が集まる快活な街、というイメージを込めるため、名前の候補は最初からスポーツの競技名に絞った。検討した結果、世界的に人気があり、近くの国立代々木競技場第二体育館でプロバスケ「bjリーグ」の試合が行われてきたことから、バスケットボールストリート(通称・バスケ通り)と決めた」ってことですけど、だから、しつこいようだけど、最初から通称も決めんなって、ほんと、中学デビューとか高校デビューとかで、それまでに呼ばれていたイタイあだ名とサヨナラするために、そうよ、「ウ○コ」「ブタコ」「ゾーリンゲン」「グロ」「ゲロ」とか呼ばれてたのに、とにかく過去とサヨナラするために、「あだ名はミキティーです、よろしくね」とか言っちゃう感じっつーの?あー、違うかもしれないけどー、まー、そもそも、プロバスケ「bjリーグ」も知らねーし、お役所仕事すぎるでしょ。

「怖い街」というイメージを改めたい、というねらいらしいですが、外してる上に、バスケのボールがスポルディングってクリアすぎて、「なに?スポンサーついてんだ?」「金に困っての命名?」みたいな印象しか受けませんですわよ。

それにさ、街を変えるのに、名前?

くさい物には蓋てき?

アホくさ。
Img_0f575e6f5f6b457f4e8fa72a4ea639cbc2ba7a08
Img_d576d5e095ef8cc03a8c3e17baf4168a111da2eb
なんかさぁ、スポルディングにとってもマイナスのイメージになっちゃうと思うのは私だけかぁ?一企業が、複雑に成り立ってきた街の命名権を持つことなど、有り得ないだろう。センター街は狭いとこかもしんないけど、いろんな人の記憶が強いとこだぜ。街の気を、ナメんな。
*電線
そして、しつこいようですが、電線。

秋晴れに電線。

電線シリーズには、いろいろ想いがありますが、電線。

ううむ。

この美しくない無秩序なモノを追い続けてたら、なにか秩序や面白さが見えて来るのだろうか???

ううむ。
Img_94c62e181a46352ed99b813c9fb5adfb35f52559
Img_57a40449353a91183907fb19ca22731b732567ec
Img_e8813dd9d38f7f66d21e1954931726b44187c3ae