|  NEWS  |  PROFILE  |  DIARY  |  NEW YORK  |  THEATER  |  OTHER KINDS OF...  |  LINK  |  CONTACT  |
Img_0753fdc78326a2936be48da6a51d720d77aaa53b
今年は何回沖縄行ったっけなぁ。いやー、ほんと、アタシは趣味移動だよ、移動。人生移動距離、結構あるほうだと思うなぁ。うん。最近、NY−東京は年間3往復か4往復かなぁ。ロンドン行ってないなぁ、最近。パリも行きたいなぁ。ああ、アフリカ行きたい。紅海でダイビングしたい。エーゲ海でヨット乗りたい。でもホントに一番やりたいのは仕事だったりするね。演出したい監督したい書きたい授業やりたい。幸せな人生だよね〜。
さて。

「忙しい」というのは、いろんな解釈がありますが、私の場合、どうも時間の使い方がオカシイんじゃないかと、上手じゃないんじゃないかと思う今日この頃。

とはいうものの、今年は、8月末まで、本当に睡眠時間を削らないと、いろんなことが前に進まないような「わけわからんっ」ってな状態に陥っておりました。もちろん、間に1日とか2日空けば、弾丸で沖縄行ったり、長野行ったりしてましたけどね。ええ、遊ばないと、ってか気分転換しないと保たない。寝ないより、遊んでないほうが、保たない。

ってか、「忙しい」って要するに、時間の使い方が下手つーことだと思うのよ。ハズカシイっすけども。

なんかね、何か始めると、どーーうも、深く入りすぎちゃって、「適度」というところで止められない。わたしの「適度」はどこ?ってカンジ。

集中力がある、というのは「良い言い方」であって、ひとつのことをやりだすと、他のことがオカシクなるというのは、具体的に、とーぉっても具体的に日常生活に影響します。

まず、忘れ物。

子供か(笑)。

でも、これが、ほんと、酷いのよ。忘れ物、探し物。なにか考えている時に、手に持っている物があると危険です。どっか置いてきちゃって、サパーリどこに置いたかわからなくなってしまうんですねぇ。

これが、「あたしオカシイんじゃないか?」って思うくらい、まっっったくわからなくなるんですのよ。

バスとか「寝てて乗り過ごす」ことはないのです。起きているのに「考え事をしていて乗り過ごす」、なんなら「歩いていて家の前を通り過ぎる」。

本気でイヤになるんですよ。ええ(笑)。

「しっかりしてそうに見える」んですよ、アタクシ。しっかりしてるけどさ。しかし、もうアシスタントたちはですね、少しでも視線を「ハッ!」って動かすと、井上陽水の歌を歌ってくれたりします。ええ、もちろん「ふふっふ〜♪」ですよ、ええ、ええ、「探しものは、なんですか♪見つけにくいものですか♪」ですよ、ええ。

ということを書いてる間に長くなってメインのネタにいけなくなるんですよ。

もういいや、これだけで(笑)。

って、おいおい、10月かよっっっ!

びびるなぁ。今年もあと三ヶ月かぁ。そろそろ今年の目標立てようっと(笑)。
ニューヨークはすっかり秋、、、というより冬ってカンジですが、日本は素敵な素敵な秋到来でしょーか?

秋と言えば、芸術の秋、読書の秋、いろいろありやすが、ええ、10月10日って、昔は体育の日だったよねー。この日は運動会、体育祭が、やたら多かったよねー。休日だったよねー。

最近はなんでしたっけ?私の嫌いなハッピーマンデー制度?あれで、体育の日は10日じゃなくて、月曜になっちゃったのよね。

色気がなくて嫌いなのよ、ハッピーマンデー。

日本の場合は理由と歴史があって祝日が選ばれているのだから、合理的な「月曜休み」にしないで欲しいのよね。。。横文字だし。しかもダサダサな系統の横文字だし。なんか、お役所が決めたネーミングに「ハッピー」とか入ってっと、マジでイラッとするんですよね♥。

10月10日が体育の日になったのは、東京オリンピックの開会式が10月10日をだったから。

でもって、なぜ10月10日に決めたのかというと、「なにがなんでも晴れてくんなきゃ困るっ!」ってことで、特異日を選んだって言われてますが、実は10月10日は特異日じゃないらしいですね。ずっと信じてたのに。ってか、「10日は晴れると思います」って日程決めたひと、当日まで、マジで胃がキューキューしただろうねー。うひょー。

え?特異日が何かって?

おネーサン、優しいから解説するとだね、ものすごい高い確率で特定の現象が現れる日のことなんだけれども、通常は、お天気関係です。まあ、そこから転じて、事件が起きたり、偉人が亡くなったりなんだりにも使うようでございまする。

10月の特異日は14日だそうですけれども、晴れるかしら、14日!

天高く馬肥ゆる秋

食材も美味しいよね。。。。。。

抜ける青空眺めながらゴロリとなって、
優雅に読書三昧したいものだわ。
Img_ed1738a6e2905c5845bfc6280e6590c523321d9f
晴れて良かったね。
Img_80e639bce3b264c8c8ab5a2204d3cb8e73ba376b
食欲の秋でもあります。
Img_b8437ece749da6208d1d654347b1277c0c2afef7
ハロウィンも、もうすぐね。NYのハロウィンは街中がオカシナことになるから楽しいよ。仮装したままフツーに地下鉄乗ってるひとが沢山。。。マリオとかルイジとか、マイケル・ジャクソンとかオバマとか、魔女とかお姫様とか、、、あ、子どもぢゃなくて、大人だからね、仮装のメインは、ええ。もちろん。
Img_13b96d49ce590588f11e1a81fcdf7ed74dec5913
あー、もう、どうしていつも反省ばかりしているのかなー。

ちょっと更新空き過ぎましたー。

またニューヨークから日本にやって来ました。秋ですね、日本。

夏の間は水平線や地平線近くに出ていた雲たちが、高い位置に出来ていて、空が高く感じます。

ニューヨークではギリギリ秋のパフォーマンスのシーズンが始まってくれたので、メトロポリタンオペラでは『カルメン』を観ることが出来ました。

2010−11シーズン/リチャード・エア演出バージョン。カルメンはアニタ・ラチヴェリシュヴィリ、ドン・ホセは韓国人のヨンフン・リー。いやぁ、ヨンフン・リーが良かった。ドン・ホセ、似合ってたわ。マジで。ええ。

アニタは、昔はもうちょっと痩せてたよねー。もうちょっと絞って欲しいなぁー。ってか、ほら、バランスがあるぢゃないですか、ドン・ホセとの。ヨンフン・リーが、シュッとしているのでね、カルメンももう少し細いと一段とリアリティーがあるんだけどなー。カップルとしてのさ。カルメンはハマリ役だけれどもね。

しかし『カルメン』やっぱり音楽が素晴らしいよね。

でも『カルメン』は初演は不評だったんですってよ、御存知?それまでのオペラとタイプが違いすぎたのよ。貴族を扱うようなストーリーが多かったなか、いきなり主人公・ジプシーだしさ。そしてビゼーは初演の3ヶ月後に36歳で死んでしまったのよ。36歳よ!生きてたらどんな音楽を創っていたんだろうねぇ。

っていうか「今までと違うこと」をやると理解されるのに時間かかってしまうのは、いつの時代も変わらないのねー。

まあビゼーほどのことが出来るかどうかは、ともかく、いろいろやりたいことがあっても、理解されないことも多かったりしますわな。ひとつひとつ理解していただいて、やっていくしかないやねー。

さてさて。

こつこつ。


あ、そう。関係ないけど、コンダクターのMichele Mariotti は、なんかジャンみたいで良かった。メト・デビューでさ。うんうん。おお、リアル・ジャーンって感じ。

え?ジャンって誰だって?

ジャン・ドナデュウだよ、ジャン・ドナデュウ。千秋先輩のライバルのさ。ええ。ええ。そうそう、あのひと、あのひと。

え?千秋先輩って誰だって?

そういうひととは、お姉さん、口をききません。

調べて調べて。

ねー!