|  NEWS  |  PROFILE  |  DIARY  |  NEW YORK  |  THEATER  |  OTHER KINDS OF...  |  LINK  |  CONTACT  |
Img_981faa9b056b65117ae1bf984f584727
Img_c349f716bef5f9712b5933281a1a891b
Img_3a4c1570101b1267624763487b7f4d87
いろいろいろいろねー!

書きたいことあるねー!

7月乗り切れば、自分の考えをまとめる時間が取れる!(はず!)
夏休み、夏休み、世間の小学生さまや、中高生さまは既にお休みになられていることと思いますが、大学も夏休みですね。

先日、非言語コミュニケーション演習の学生の皆さんと交流会、してきました。

ああ、みんなカワイイゼ。

講義もそうなんですけれどもね、なんか、もっともっと伝えたいことあるし、みんなの話も聴きたい。時間なんていくらあっても足りないんだろう。でも、ほんっと、もっともっとじっくり非言語しながら彼らと交流したいねー。彼らには、いろいろ教えてもらってます。とてもこれからが楽しみ。きっと、先々、困ったときはもちろん、嬉しいことがあっても教えてね!

そして、立教は来年の4月まで、しばらくバイバイでございます。

そう、おやすみ。私の大学でのお仕事は、しばらく、おやすみ。

一般的なお仕事が、どういうお仕事かと言われると悩みますが、多くのお仕事は「おやすみ」というのが決まっております。

私の場合は、仕事柄、そして、立ち位置的に、「決まった休み」というのはありません。

逆に「休みは自分で決める」です。

あ、もちろんね、舞台の稽古入っちゃったり、撮影入っちゃったりしたら、休みは自分で決められない、というより現場スタッフチームは休みナシですけれども、お仕事をお受けするか、お受けしないかは自分次第。仕事を受けなければ、休みになる。ってか、無職状態のことを言うわけだよね、おやすみ(笑)。

ただ、まあ、忙しい人々は
「もうさぁ〜、ここ2年くらい1日まるごと休みとかなかったからさぁ〜、ギリシャのアマンゾイでも泊まってこようかと思ってさぁ〜、3週間くらいぃ〜?」とか、「1年1日も休みなかったからぁ、自分に、ごほうびぃ〜?ムスティーク島あたりで1ヶ月ボーッとしてこようかな、と思ってるんだよねぇー」そういうことも可能なわけですね。はい。はい、お金さえ、あればねっ。
Img_d0ebe35fde7c7050bb93bc5793c5f093
2年〜4年生。全員来られなくて残念だった!楽しかったー!また集まろうねー!
Img_84023755de0d35e77f354fe37744b41e
姪1号のプールバッグですけど、小中高の頃って、そういや夏に「新しいプールのバッグ」を買うのが、チョー楽しみだったさー。ああ、なつやすみぃー!
Img_467de81a2c171eaa82c47d14c1df3e58
「今1番行きたいところは?」と聴かれたら、アマンプリですかね。アマンリゾートの第1号。すべてのアマンを出来た順にまわりたいです。ぜひ。
しかしながら、作品が入っておらずとも、連載のお仕事をさせていただいているし、〆切ものが多いと、これが落ち着かない。休めない。脚本書いてたり、演出プラン考えてたりするときなんかは、24時間「寝ても覚めても」になってしまうので「仕事の区切り」というのがつけられない。なんだーかんだー、こまこまこまこまこまこま、かたかたかたかたかたかた、ぐじぐじぐじぐじぐじぐじぐじぐじ、ずうぅぅぅぅぅっと考えている。

「オン」「オフ」が繋がりまくっている。というより、ずっと「オン」。あるのは「オン」と〆切。繋げようと思えば、ずぅっと繋がっちゃう。

と、いうわけで、ここ最近、キッチリオフるためには、「旅に出る」、ことにしております。

ここ数年、大先輩のヨットによくお邪魔させていただいてますが、海の上は、ズガンッッと気分が変わります。特にヨットは、人工の力に頼ることなく、風だけで海上を走ることが出来ます。これが、素晴らしい。

風で走る。

ヨットって風で走るのですよ。

地上にいると、必ず、自然界の音ではないものが耳に入ってきますけれども、この「自然の音、波の音、風の音、海の音だけ」というのは、最初、強烈に感動しました。ダイビングは昔からやっていて、ダイビングボートやクルーザーには乗ってたのですが、エンジン音があるかないかで、こんなに違うのか、と、いや、もう本当に感動。そして360度の青。遮るものナシ。

海の上で静かにぼんやり。最高の贅沢です。

ダイビングも世界が変わるので、オフれます。

ザンッと飛び込んだ瞬間、もう変わります。

こちらも違う音の世界。無重力。自分の身体、すっぽり別世界。我々は重装備でもお魚たちは自由自在。スーパーでペッタリしているイカが宇宙人のように俊敏に海の中をすっとんでったり、何百匹というキビナゴがキラキラとクルクルと目の前を通り過ぎていったり、カメが空飛ぶ怪獣のように、水中を浮遊していたり。聴こえるのは自分の呼吸するゴボゴボゴボという音だけ。

そうそう。2月とか3月に、鯨やイルカの求愛/子育てとかの季節に、彼らの生息地で潜ると、海の中は賑やかですよ。求愛の音やら、子供呼んでる音やら、キューキュー、ピーピー、まあ、ほんと「居酒屋かっ!」っていうくらい賑やかです。ハワイ島とかマウイ島とか、にぎやかだったなぁ。

それから、海の底から見上げる青空や太陽、あとは雲が見えるんですけれども、雲の流れを見ているのは、最高のひとときです。ぼーっとね。洞窟とかも好きだけどね。あ、でも太陽光が入り交じってる程度の洞窟が好きです。太陽ブラボー!

ここ数年、慶良間諸島の座間味によくお邪魔しておりますが、あそこまで行くと、海の中だけではなく、地上の島も静かです。信号機1つです。なにしろ、夜、星空が綺麗です。港の先やら、砂浜やら、山の上やら、いろんなところでゴロゴロと、静かに流れ星を探しましたねー。
Img_0de5882691de7dbeae018ac10c1f6f03
初めて乗せていただいたのは、この子でしたねー。これ、海にバッシャーン飛び込んで、良い感じの距離から写真撮ってます。もともとスキンダイビングからやっているので、沖で泳いでいても平気さんです。
Img_89505d1c3bf5f94dd4cd6d78f2c76ded
現在、よくお邪魔させていただくヨットの、私の居場所。キッチン(笑)。完全料理人です。でもさ、コンロ3つあるし、オーブンもあるし、テーブル広いし、まじ、住めます。
Img_c618d3dcfc277a38419712e088954dc5
以前も載せましたが、座間味で撮っていただいたワタクシ。とにかく海の底でボーッと太陽の光や雲を見ているのが好きです。
そして私は山も好きなんだぜ。

アパラチア山脈の山奥の山ごとに染まる広大な紅葉、日本の緻密な京都の庭園とは違う、ダイナミックだぜーーーっという何百キロも続く山まるごとの紅葉は爽快圧巻。そんな中を馬でパカラッパカラッと走ったりすると、時代も国も意味不明です。どこなのっ?誰なのっっ?みたいな(笑)。

あああああっ!もちろんロッキー山脈もブラボーですっっ!ロッキーブラボー!(ブラボーキャラ?)

夏のロッキーは、あまり行ったことがなく、ロッキーと言うとどうしてもスキーになっちゃうんですけれども、ああ、はい、スキーとっても得意でして(自分で言う)、ロッキーのVAIL (ベイル)、もう、ほんと神様住んでるよー(涙)。

ベイルの山頂は標高3500m以上、滑走面積、ななななーんと日本の蔵王の10倍以上!!!!

10倍以上ですよっ!あのグレート蔵王ブラボーの10倍以上あるんですよっっっ!もうね、何度言っても、時間が足りません。尾根を越えて越えて越えて、それでもベイルは続くのだよ。山の表と裏と、その奥の山の表、くらいまでスキー場。オー・マイ・ガッ!ですー。もう、山脈ってカンジー。はいベイルブラボー!しかもあそこはリゾートなので、レストランとかも充実。あ、テリュライドもブラボーだけどね。超リゾートしてて、まじ美味しいレストランがあったなぁー。テリュブラボー。

日本だとスキー場は色々好きですけれども蔵王、新潟、長野エリアもよく行きます。

なんだーかんだー長野にはよく行くんですねー。夏、行くことも多いです。まあ、軽井沢の星のやが、もう好きで好きで、とにかく好きなんですけれどもね。あそこは、もうフロントで、別空間に旅立てるので、文句なしの「オフ」。たまりませんねー。

あとは戸隠神社(長野)がマイ神社(勝手に決めている)なのでね。はい。私のマイ神社は戸隠神社と鞍馬寺(って寺だけど/京都)と、伊勢神宮はマイをつけるのはノリでもやめておきますけれども、山登り入ってる神社好きですねー。最初に鞍馬寺に行ったときは、ひとりで貴船の床で日本酒飲んで、へろへろゴキゲンでお寺目指して、軽く山登りだと知らなかったので、天狗にさらわれて戻れなくなるんじゃないかと思いました。はい。
Img_656a742f63d5b64205d29267cf610de0
アパラチア山脈の山奥の山奥にドーンと1軒だけあるリゾートホテルThe Homestead。凄いっすよ、ここの紅葉は。圧巻です。馬も持っているので乗馬で山に出られます。ゴルフ場もあります。冬はスキーも出来る。そして温いけど温泉もあるよ(プールだけどねん)。
Img_ba49b45b0882fdc22b266cc15dd9c98e
マジで、広いから。そして「ああ、これが本物のパウダースノーなのかっ!」という雪に出会えます。
Img_e92b4ccf3539a7f3ea95369a56ed3590
リゾートエリアもクリスマスタウンのようで可愛い。温水屋外プールとかジャグジーとかマッサージとか買物も充実。
あそこ、いるよ、天狗。まじ。

鞍馬、やばいっす。

ああ、それから海外は英語圏じゃないところが「オフ感」増します。基本NYにいるので当然ですが、英語圏だと「外国に来た!」って気分が盛り上がらないので、一時期はメキシコばっかり行ってましたねー。あの国、いい加減で、いいんです、ほんと。

って、こう書いてると、すっごい遊んでいる感じですよね。

たぶん、遊んでいるんだろうなぁ。ま、オネエサンだしね。年齢的に。(オネエサンですが、なにか?)

でも、決して、お金に余裕がありまくっての遊び、ではないのですよ。ギリギリで遊んでいる、、、、、いやたまに計算間違いして青くなってるかも。いまだに(笑)。

正確に言えば私はもともと比較的余裕のある家庭で育ったので、そういうベースがあるからこそ、遊んでいられたというのはあります。「それは余裕があると言うのです」と言われるかもしれません。

ただ、それでも、今でも、かーなり経済的に切迫してきても、旅に出る。ま、それも、子供いないし、家族は皆しっかりしているので出来るんですけれども、とにかく、仕事がオフのときこそ、新しい世界に出会いに行かないと、仕事も進化しない。

人生において、可能である限り、とにかくアクティブに休みを見つけて遊ぶ。

弾丸1泊沖縄。1日しか休みがなくても戸隠神社に日帰りでお参り。寝ているより私は元気が出ます。まあ、これも体力健康あってのことで、そこもありがたく思います!

もちろん、小説の世界に旅立ったりするのもイイ。

でも、小説の世界の想像力が広がるのも、実際に、色んな国にいったり、いろんな物を見たり、体験したり、人に出会ったりしてこそ、脳内で世界は広がっていくのではないかと思ったりします。

向いてないとか、向いてるとか、アウトドア派、インドア派とか、あまり思い込みで決めない方がいいです。

行動してみるの、大事です。

いいから旅に出てみる。

海や山に対して恐怖や、違う想いがあったりする場合は別だけれど、知らない世界を覗くのは、自分の知らない脳が動き出す感じがしてワクワクします。

仕事して。遊んで。

幸せなことです。

と、い、う、わ、け、で、

も・う・す・ぐ・お・や・す・みー!


さて、私の脳は、新しい何を見つけられるだろう。



ま、長めの休みになった場合の初日は、まず寝るぞー!、だけどね(笑)。



(とか、いいながら大学の提出されたレポートを読み、授業時のリアクションペーパーを整理し直し、出席票を入力して、成績をつけて……って、なんか、ぜんぜん休みじゃなさそうだな(笑)…そういえば、去年はパークハイアットでレポートを読んでいた…そうよ、どこかに行ってレポートを読めばいいのよ。そうよ、その方がはかどるわ。そうよそうよ。レポート読むの好きだけれどもね!)
Img_7f43d3329c95fce9637d57564c675cfa
この写真撮って浮かれてるあたりまでは良かったんだよね…
Img_edbfbc2bae0c688f15c71731063a8343
戸隠神社。何度行ったかなぁ。また行くもんねー。
Img_0024b7f6a2bb4e62e0690c9456818d3d
で、も、ほ、ん、と、は、早くニューヨークのマイ・アパートメントに帰りたいーっ!もうすぐーーーっっ!